無料ブログはココログ

« 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑨ー今上天皇が皇室制度をゼロベースで変革することを求められたと主張するスーパー極左 | トップページ | 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑪-小学生が抱腹絶倒する八木秀次の珍説「日本国憲法の天皇条項はバジョット『英国憲政論』が種本」 »

2019年3月21日 (木)

赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑩ー今上天皇が皇室制度をゼロベースで変革することを求められたと主張するスーパー極左 2

「今上天皇が我儘を押し通して譲位(八木は「退位」と書く)するために、皇室典範も憲法の規定もゼロベースで作り直せ!と仰せられた」という八木秀次のトンデモ妄想は、決してその場限りの思いつきではない。

産経新聞のコラムにも、同じことを書いているからだ。

八木秀次の天皇制度廃止への煮え滾る執念は、北一輝や網野善彦に勝るとも劣らない。

八木秀次のコラムを掲載する産経新聞や雑誌『正論』を購読することは、反日極左勢力に加担するのと同じことである。

八木秀次を雇っている麗澤大学に私学助成金(原資は税金)を払うことは、明らかに国益に反する。

八木秀次の書いているものが半ページでも掲載されていれば、その雑誌や新聞を絶対に買わないことが、日本国民にとして最低限の義務といえよう。


天皇の尊さ踏まえ慎重な検討を 2016.8.17 産経新聞『正論』

https://www.sankei.com/column/news/160817/clm1608170004-n2.html

陛下は明治以来確立された終身在位制を否定された。現在の憲法や皇室典範による皇室の制度をゼロベースに戻して、ご生前での退位・譲位を可能とする新たな制度設計を求められた。

(引用終わり)

« 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑨ー今上天皇が皇室制度をゼロベースで変革することを求められたと主張するスーパー極左 | トップページ | 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑪-小学生が抱腹絶倒する八木秀次の珍説「日本国憲法の天皇条項はバジョット『英国憲政論』が種本」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑨ー今上天皇が皇室制度をゼロベースで変革することを求められたと主張するスーパー極左 | トップページ | 赤い八木秀次は天皇制度破壊の急先鋒⑪-小学生が抱腹絶倒する八木秀次の珍説「日本国憲法の天皇条項はバジョット『英国憲政論』が種本」 »

最近のトラックバック

最近の記事

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30