無料ブログはココログ

« 歴史を捏造してヒットラーのチェコ併合を擁護する上念司と倉山満 | トップページ | 南部仏印進駐に大賛成する上念司と倉山満 »

2016年8月23日 (火)

松岡洋右を三国同盟反対・国際聯盟脱退反対の親英/対米和平派と牽強付会する上念司と倉山満

上念司・倉山満『ネオ東京裁判-掟破りの逆15年戦争』
 上念司と倉山満は、松岡洋右を擁護するために本書を出版しているフシがある。
 
 三国同盟条約案には二つある。
 
 1939年8月に平沼騏一郎内閣が退陣して、旧・三国同盟条約は締結されなかった。
 松岡洋右が主導した新・三国同盟条約(反英米が基調)は、1940年9月に締結された。そんな松岡が、親英派であるわけがない。
 日ソ中立条約に調印した松岡洋右が親英/対米和平派とは、冗談も度が過ぎる。
 近衛文麿に抜擢されて外務大臣になった松岡洋右が、国際聯盟脱退に反対したとか親英派/対米和平派だったというのならば、上念司と倉山満は、その証拠を示してもらいたい。
 非常勤講師とはいえ、こんな出鱈目歴史を吹聴しまくる倉山満を教壇に立たせた国士舘大学について、文部科学省は私学助成金の停止を含めた厳正な処分をするべきだろう。
P86
倉山 はい、戦後の外務省の正統史観では松岡洋右が外務省一の極悪人扱いですが、本気で和平をしようとしていろいろやっていたのは確かです。それを見抜いたアメリカが、「あいつがいると話にならない」というので蹴散らした。
上念 アメリカは戦争をしたかったわけですからね。本気で和平のために動いていた松岡が邪魔だった。
P87
上念 私もかつては松岡悪人説を信じていました。しかし、実は違っていたんですよね。この次に多分出てくると思うけど、国際連盟脱退のときも、本当は松岡は反対している。
倉山 そうなんです。三国同盟だってやりたくない。松岡は本来、親英派です。
(引用終わり)
 
以下の松岡擁護の詭弁には、誰しもキョトンとするだろう。
中央大学文学部卒の塾講師クズレだと、この程度の詭弁が限界なのかもしれない。
 
P107
倉山 松岡は本来親英派ですが、支那事変が泥沼化し、イギリスとはこじれいたので、切ってもはや話し合いにもならない。アメリカは頭がおかしい。だったら、日独で組み、日独の力でソ連をも巻き込み、日独ソ三国の力で米英と話し合おうという、かなり遠回りな構想を立てたわけです。
(引用終わり)

« 歴史を捏造してヒットラーのチェコ併合を擁護する上念司と倉山満 | トップページ | 南部仏印進駐に大賛成する上念司と倉山満 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

管理人様

私も以前、ブログで記事にしたことがあります。

倉山は、表向きは斉藤良衛を非難しつつ、裏では斉藤良衛『欺かれた歴史 松岡と三国同盟の裏面』をパクっています。

「親英/対米和平派」は、おそらくこの本のパクリだと思います。

さて、倉山は2つのパターンがありますね。
一つはこっそりパクること。もう一つは、倉山の脳内妄想が根拠。前出のチェンバレンは脳内妄想のパターンだと思います。

マウス様

ここまで頭が悪いと、学者になることなど全く無理でしょう。
ただ、倉山満にとっては、中央大学文学部はいちおう
一流大学らしいです(笑)
「倉山塾」には、ニートかフリーターかFランク大学生くらいしかいないのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/64040666

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡洋右を三国同盟反対・国際聯盟脱退反対の親英/対米和平派と牽強付会する上念司と倉山満:

« 歴史を捏造してヒットラーのチェコ併合を擁護する上念司と倉山満 | トップページ | 南部仏印進駐に大賛成する上念司と倉山満 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30