無料ブログはココログ

« 松岡洋右を三国同盟反対・国際聯盟脱退反対の親英/対米和平派と牽強付会する上念司と倉山満 | トップページ | 『臨海セミナー』の小学生が呆れ果てる上念司の低級詭弁術 »

2016年8月24日 (水)

南部仏印進駐に大賛成する上念司と倉山満

上念司・倉山満『ネオ東京裁判-掟破りの逆15年史』
 
 
  「近衛政権末期」は、上念司の得意なフレーズであり、本書にも書いてある。
 
 本書のみならず、上念司が中川八洋『大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六』をパクりまくっている のは有名である。
http://hoshuichiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-a989-1.html
 
 
 しかし、上念司・倉山満『ネオ東京裁判-掟破りの逆15年史』には、中川八洋『大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六』を引用文献と書いているわけではない。
 上念司と倉山満は塾講師クズレの物書きであり学者ではないから、先行業績を無視する破廉恥な所業が臆面もなくできる。
 そして、上念司・倉山満『ネオ東京裁判-掟破りの逆15年史』は、中川八洋『大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六』を引用なしで陰険に揶揄して、 近衛文麿を擁護するのが目的であるようだ。
 
 
 南部仏印は現在のベトナムであり、戦略の要衝である。 
 
 南部仏印から米領フィリピン、オランダ領インドネシアへの侵略は容易である。
 実際にも、日本は南部仏印をしたのちに、フィリピンとインドネシアを占領した。
 
 南部仏印進駐(1941年)当時のフランスは、ナチス・ドイツの傀儡・ヴィシー政権であった。 
 ナチス・ドイツが許可したから国際法上はとりあえず合法とはいえ、そこに日本が南部仏印進駐をすれば、世界は日本をナチス・ドイツと同じ危険な侵略国と見做すのは当然である。
 英国と米国は、ただちに経済制裁を発動したし、米国は石油を日本へ輸出しなくなった。
上念司・倉山満によれば、日本の南部仏印進駐に怒った米国が一方的に悪いそうである。
 日本の南部仏印進駐が、事実上の英米への宣戦布告であったのは、小学生でも知っている歴史事実である。
 言うまでもないが、南部仏印進駐を強引に主導したのは近衛文麿総理大臣であった。
 そんな事実を全面的に擁護するのが、上念司・倉山満という矯激な反日・反英米・親ナチス・親ソ連/ロシアで中央大学卒の塾講師クズレかつ無断引用常習の歴史偽造コンビである。
P89
倉山 日本の国策として、満蒙を防衛してソ連の脅威に対抗する北進論と、インドシナ半島など南方に戦略物資を求める南進論がありましたが、結局は南進論をとり、普通に平和進駐をやっていたんですよ。ところが朝日新聞史観では、日本が仏印進駐みたいなことをするからアメリカを怒らせ、ポイントオブノーリターンを超えたというんです。平和進駐がなんで怒られるんでしょうね。
上念 フランスはドイツに敗北して、ヴィシー政権になっていたわけでしょう。仏印でも一応、フランスの役所などは全部残して、単にフランス軍がいなくなったから日本軍が代わりに駐留しているだけだった。
P90
倉山 アメリカ擁護論者によれば「南部仏印進駐によってフィリピンが日本からの攻撃の射程範囲に入ったからだ」というのですが、だから何なんだ。
上念 もともとフィリピンなんて、台湾から見たらとっくに射程範囲です。
倉山 そうです。そんなもん、とっくに前提になっている形だったじゃないですか、いまさら何なんですか、ということですよ。
 
 
 
 
 

« 松岡洋右を三国同盟反対・国際聯盟脱退反対の親英/対米和平派と牽強付会する上念司と倉山満 | トップページ | 『臨海セミナー』の小学生が呆れ果てる上念司の低級詭弁術 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/64042475

この記事へのトラックバック一覧です: 南部仏印進駐に大賛成する上念司と倉山満:

« 松岡洋右を三国同盟反対・国際聯盟脱退反対の親英/対米和平派と牽強付会する上念司と倉山満 | トップページ | 『臨海セミナー』の小学生が呆れ果てる上念司の低級詭弁術 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31