無料ブログはココログ

« 中川八洋・高田純 共編『原発ゼロで日本は滅ぶ』からパクりまくる上念司 | トップページ | 小学生以下の詭弁を弄する伊藤貫① »

2016年2月 4日 (木)

詭弁術の白眉‐上念司の北方領土返還戦略

上念司 倉山満『「日本の敵」を叩きのめす』
P199
倉山 北方領土はどうなります?
上念 樺太で、きちんとしたでかい開発をやればいい。そうすれば人手が必要になり、「樺太に行ったほうが稼げる」となれば北方四島に住んでる人たちは樺太に引っ越しだす。そうして北方四島の人口をどんどん減らして、最後は日本のものにしちゃうんです。
 
(引用終わり)
 
 どうです?
 幼稚園児以下の詭弁術が冴えわたっているでしょう?
 
 もしも北方四島からロシアの民間人が全くいなくなったとしても、軍事施設が既ににあるのだから、日本のものになどできないことは自明以前である。
 
 また、南樺太はサンフランシスコ講和条約で日本は放棄している。
 しかし、ソ連はサンフランシスコ講和条約には調印していない。
 サンフランシスコ講和条約では、南樺太と千島列島は「未帰属の地」と決めている。
 
 ソ連の南樺太領有とは、日ソ基本条約(1925年)第2条 「ソ連は1905年のポーツマス条約が完全に効力を存続することを約す」違反である。
 
 また、ポツダム宣言第8項でカイロ宣言「ソ連は領土拡張のなんらの念も有しない」を履行をすることになっている。これにも違反しているのは明らか。
 
 つまり、ソ連の後継国であるロシアが、南樺太を違法に実力行使で領有している。
 
 しかし、上念司は、南樺太がロシア領であることを前提としているのであり、バカでないとすれば、究極の売国奴である。
 
 さらには、日本が樺太開発に投資をすればするほど、ロシアの北海道侵略が容易になる。
 
 上念司の煮えたぎるような日本国への深い憎悪には誰しも戦慄するが、それは血のルーツに由来するのだろうか?

« 中川八洋・高田純 共編『原発ゼロで日本は滅ぶ』からパクりまくる上念司 | トップページ | 小学生以下の詭弁を弄する伊藤貫① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>北方四島の人口をどんどん減らして、最後は日本のものにしちゃうんです。


こいつ、本当に馬鹿ですね。

(1)北方領土と北方四島の違いが分かっていない

(2)樺太開発と北方四島の人口には何の関係も無い

(3)ロシアは北海道への電撃的軍事侵攻のために北方領土に居座り、巡航ミサイルも配備し、侵略する気満々だから、人口が減っても日本人は入植できない


本を出したり、公共の電波に出てくるのはやめてほしいです。
ついでにインターネットも使用禁止。
ツイッターがテロリストのアカウントを次々と凍結しているそうですから、上念のアカウントも凍結すべきでしょうね。

meguさま

 ソ連(ソビエト・ロシア)は、サンフランシスコ講和条約には無関係です。
 ゆえに日本は、南樺太と千島列島全部をロシアに返還要求する権利と義務があります。

 上念司は、領土問題を国後、択捉、歯舞、色丹だけに限定したいようです。
 まさに骨の髄まで売国奴です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/63153435

この記事へのトラックバック一覧です: 詭弁術の白眉‐上念司の北方領土返還戦略:

« 中川八洋・高田純 共編『原発ゼロで日本は滅ぶ』からパクりまくる上念司 | トップページ | 小学生以下の詭弁を弄する伊藤貫① »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31