無料ブログはココログ

« 西部邁の皇統論 | トップページ | 「平成の松岡洋右」日下公人が提案する『東京国連』(笑) »

2016年1月31日 (日)

上念司の大爆笑哲学講座

日下公人 上念司『日本の将来はじつに明るい!』
P147 上念司の発言
 保守を英語で言えば「メンテナンス」。世の中の様々な仕組み、慣習などは、おんぼろクルマかもしれないけど、少しずつ直しながら大事に使っていこうという発想ですから、バークの言う通りにすればいとか、ハイエクの言う通りにすればいいというのは間違っています。
(引用終わり)
 どうです?
 抱腹絶倒でしょう。
 「機械などを保守する」という意味なら、英語でメンテナンスというのはわかる。
 だが、哲学・思想の分野では、conservatismを日本語では「保守主義」とか「保守」と言うのは、常識中の常識である。
 哲学・思想の話をしていて、保守を英語で言えば「メンテナンス」とは、上念流の奇天烈解釈でしかない。
 これを否定しない日下公人も、教養のレベルは中学生一年生以下といえるだろう。

« 西部邁の皇統論 | トップページ | 「平成の松岡洋右」日下公人が提案する『東京国連』(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

管理人様

2月1日の上念のツイートです。「メンテナンス」に激しく反応しています(笑)

https://twitter.com/smith796000/status/693957171407687681

マウス様

 さっそく情報をいただき、ありがとうございます。
明日の記事にも、上念司さんが登場する予定です。

上念のこの発言ですが

https://twitter.com/smith796000/status/693957171407687681

見ようとしたら、私のアカウントは上念からブロックされていていました。
直接絡んだことは無いのですが、余程嫌われているようですw

megu様

上念のツイートは次です。私は、まだブロックされていません(笑)。


・・・引用始め・・・
保守:理性に対して懐疑的な人 革新:理性は素晴らし。人間は世の中をよりよく作り替えられると思っている人。 現実をあるべき姿に近づけようとする左翼と右翼は革新です。保守は現実を見ながら、社会を保守(メンテナンス)するだけで、革新とは一線を画します。
・・・引用終わり・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/63148573

この記事へのトラックバック一覧です: 上念司の大爆笑哲学講座:

« 西部邁の皇統論 | トップページ | 「平成の松岡洋右」日下公人が提案する『東京国連』(笑) »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30