無料ブログはココログ

« 日本版wikipediaに載らない山本勝市(衆議院議員5期) | トップページ | 山本勝市(京都大学経済学博士、衆議院議員5期)の名言 »

2015年10月27日 (火)

大爆笑! 関賢太郎によれば、海上自衛隊には空母があるらしい

来年にも4隻体制に 導入進む日本の空母、その現状と課題

http://trafficnews.jp/post/44831/2/

>>まず、この記事を読んでいる人のなかには、「『ひゅうが型』『いずも型』は“護衛艦”であり“航空母艦”ではない」、そう思っている人もきっと少なくないと思います。

 しかしそれは誤解です。海上自衛隊における「護衛艦」とは、水上を航行する戦闘能力を有す艦艇に与えられる艦種であり、一般的には「軍艦」ないし「戦闘艦」に該当する用語です。

 例えば「こんごう型」、または「あたご型」は正確には“護衛艦”でありますが、一般的に“イージス艦”と呼ばれているのと同じように、「ひゅうが型」や「いずも型」を“護衛艦”でなく“航空母艦”と呼ぶことにも何ら問題ありません

(中略)

主な艦載機はSH-60J/K「シーホーク」哨戒ヘリコプターで、3機を同時に発着艦させる能力を有すほか、飛行甲板とエレベーターで結ばれた格納庫内には、最大10機程度を収容できます。

(中略)

 最低限の兵装しか持たない「いずも型」は対潜重視の「ひゅうが型」に比べ、より広汎な任務に対応可能な、“本格的な航空母艦”としての機能が重視されています。

 例えば「ひゅうが型」「いずも型」ともに手術室、集中治療室を備えていますが、病床は「ひゅうが型」8床に対し「いずも型」は35床そのため島嶼防衛における上陸作戦時のヘリコプター拠点としては、「いずも型」が優れます。

(引用おわり)

 どうです?

 面白かったでしょう。

 原子力でなくとも、空母といえば、普通は中共の「遼寧(旧名:ワリヤーグ)」みたいなのを考えるだろう。

 「ひゅうが型」「いずも型」は、たしかに「ヘリ空母」と言えなくもない。

 しかし、SH-60J/K「シーホーク」哨戒ヘリコプターを収容できるだけでは、むろん攻撃力はゼロに等しい。

 「遼寧」の空母機動部隊が相手では、「ひゅうが型」「いずも型」もまとめて瞬殺されて海の藻屑となるだけ。

 スキージャンプ台もない、ウェルドッグもない。手術室、集中治療室が装備されていると、どうして島嶼防衛に役立つのか?

 そこのところを、関賢太郎さんに是非とも詳しく教えていただきたいものだ。

 

« 日本版wikipediaに載らない山本勝市(衆議院議員5期) | トップページ | 山本勝市(京都大学経済学博士、衆議院議員5期)の名言 »

コメント


固定翼艦載機ゼロのいずも型などを空母と呼ぶのは、いくらなんでも無理がありますね。実態は兵員輸送船。

殲-15(スホーイ33)を20機も搭載できる遼寧と比較すらできないはずです。
哨戒ヘリが戦闘機と、どう戦うんでしょうね?????

チャンネル桜に出てくる井上和彦というトンデモ屋もすごいことを言っています。
http://ironna.jp/article/1538
「まさしく護衛艦「いずも」などは、本格的空母保有前の“ビンゴゲームのリーチ”のような存在だろう。」

(※井上によると、日本は間もなく本格的な空母を保有することになるらしいです。すごい脳内妄想です)

もし、有事の際、関や井上の言説に従って海自の艦船を展開させ瞬殺された場合、彼らはどう責任を取るのでしょうか?

関賢太郎や井上和彦のような胡散臭い人物が軍事評論家を自称して中国海軍をこき下ろして自衛隊をヨイショしていますが、彼らは日本に国防を怠るように仕向けられた中共の工作員でしょうか?

とんでもない発言を見つけました。
ロシアに媚び、中共をアシストし、この人物は何がしたいのでしょうか?

【安全保障】井上和彦がニュースを斬る![桜H26/3/6]
https://www.youtube.com/watch?v=3CXgQA-af64

12分~
「ロシアとの同盟を模索すべき」

管理人様 megu様
いやはや、実に御久し振りです。 
先ずは、マウス様にも御紹介しましたが、「あくびのブログ」、実に良いブログです。似非保守界隈と其れに対する「幸福の科学」(勿論、幸福実現党も)の浸透ぶりを容赦無く斬っております。

本題ですが、関賢太郎は、典型的な「軍オタ」物書きで、登場する媒体は「航空情報」「丸」で、又、「MASDF」という航空専サイトを運営しています。影響力は大したモノではないので其れ程マークするまでもないでしょう。「隠れアジア主義者」とも言うべき井上和彦は、以前のコメでも批判しましたが、「ロシア脅威隠しの煙幕として中共/南北朝鮮を批判」し、又、麻薬的響きの「親日がー」を連発してます。「サピオ」の常連というのもワケアリです。

続きです。
先々月に進水した「かが」(二代目)は、再来年3月に竣工します。「ひゅうが」「いせ」に「いずも」「かが」は、DDHつまり駆逐艦であって、空母でないのは明白過ぎ。中共そして2020年代に登場するロシアの新空母に端から対抗出来ないのはこれ又、明白過ぎ。なお、私としましては、空母&原潜はアメリカ第7艦隊に依存する形(日米同盟堅持は其れこそ絶対)で、海自(其の後身の海軍又は海上軍)は、
①引き続き護衛艦・潜水艦を揃えつつ
②露中韓台の何れと比較しても御寒い限りの揚陸艦艇を増強
③支援艦艇を更に増強
④海自の定数を5000名増強し、予備自衛官補を海自・空自も対象にする

以上を実現すべきであります。長ったらしいコメントで誠にすみません。それでは。

meguさま
ストライクイーグルさま

 日本の軍事評論家たちって、どうやって生活の糧を得ているのですかね?
 原稿料だけなら、年収100万円も稼げないでしょう。
 そもそも、彼らの先祖は何処の出身なのかも知りたいところです。
 

管理人様
「自称」も含めて軍事評論家・ジャーナリストの「アヤシイ面々」、最近、ロシア問題でマスコミによく登場する
①小泉悠(別名 鹿内誠 ユーリ・イズムィコ)
に注意して下さい。又、「ヤメ共」の
②古是三春(本名 篠原常一郎)
今月発売の別冊正論(特集は南樺太!)に本名で登場します。又、「親ソ親中」の③故・青木日出雄に拾われ、朝日OBにして日共の④石川巖とも親しい「北鮮擁護」の⑤浜田一穂(別名 野木恵一 江藤巖)、③の子息で吉田司とも親交のある、特定秘密保護法に反対した⑥青木謙知、更に「マゾ的な自衛隊叩きのカマッテクン」の⑦清谷信一
他にもいますが、以上の面々だけでも、相当の「ワケアリ」ですね。

ストライクイーグルさま
 我が国で「軍事評論家・ジャーナリスト」というだけでも、カタギではありませんね。
 NHKの御用コメンテーターだった江畑謙介、自称・軍事専門家の長谷川慶太郎なども、赤い組織の代弁者でしょう。

いずもは実態は、アメリカ級強襲揚陸艦のダウングレード(アメリカ級強襲揚陸艦の一番艦には、スキージャンプ台もウェルデッキもありません)ですから、離島奪還の役に立たない訳ではないけど、アメリカとの共同作戦でなくては、全くの意味を持ちません。

自衛隊単独で使うなら、対潜護衛の一翼として使うのが、ベストな選択です。

艦種としては、LHD(強襲揚陸艦)かCVH(ヘリ空母)かがギリギリ認めて良い範囲であり、空母運用の本格化は言い過ぎです。

入り口を覗いたというのが正しくて、これから、短距離離着陸機運用可能な軽空母、通常機運用可能な正規空母と段階を踏んでいかない事には、本格的な空母運用が出来ているとは言えません。

強襲揚陸艦-継続的戦闘ベースとしての能力、程度の解釈が妥当でわ?

井上は知識のないネトウヨを煽動して稼いでますよ。トンデモ発言をまとめられないですかね。親しい記者に提供したいので。

BKLCAT 山根百合さま

 井上和彦『こんなに強い自衛隊』といういトンデモ本をでも読めば、彼が上念司に勝るとも劣らぬロシア系売国奴であることが誰にでもわかります。血統のルーツは、大江健三郎や土井たか子や田原総一郎と同じと言われていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/62561726

この記事へのトラックバック一覧です: 大爆笑! 関賢太郎によれば、海上自衛隊には空母があるらしい:

« 日本版wikipediaに載らない山本勝市(衆議院議員5期) | トップページ | 山本勝市(京都大学経済学博士、衆議院議員5期)の名言 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31