無料ブログはココログ

« スーパー大赤字必至の北陸新幹線 | トップページ | 日本版wikipediaから削除されたウィルヘルム・レプケ »

2015年3月29日 (日)

今月末で聖学院大学学長を辞任する姜尚中

聖学院のホームページより

http://www.seigakuin.jp/about/president/

皆さんへ

 この度、4月から私は諸般の事情で聖学院大学を辞めることになりました。洗礼を受け、家族生活がはじまった上尾の地に深い思いを抱き、この地にある聖学院大学で、若い学生諸君と、共に語り合い、知ることの喜びや、生きることの悲しみ、そして希望を分かち合いたいと切望していただけに、残念です。

 中略

2015年3月20日

聖学院大学学長
姜尚中

(引用終わり)

東大教授を任期途中で辞任し、鳴り物入りで聖学院大学学長に就任した姜尚中は、なぜたった一年で辞めてしまうのだろう。

理由は明らかにされていない。

保守イチローの推測はこうだ。

聖学院の幼稚園から大学まで、生徒が全員コリアンというわけではあるまい。

子弟を聖学院に通わせている日本人の親は、たくさんいることだろう。

 そこにいきなり、以下のような著作を発表してきた北朝鮮系反日極左タレント大学教授が学長として乗り込んできたら、保護者たちは天地がひっくり返ったように驚愕することだろう。

「ポストコロニアリズム」

「挑発する知」宮台真司との共著

「戦後日本は戦争をしてきた」小森陽一との共著

「憲法ってこういうものだったのか!」寺脇研との共著 

 日本人の親たちなら、理事会に猛反発するのは必至である。

 姜尚中が学長になるくらいだから、理事会が朝鮮総連と深い関係にあることは疑う余地もない。

 理事会に抗議しても無駄だと思えば、速やかに子供を退学させるだろう。

 高い学費を払って、いったい誰が北朝鮮系の学校に子弟を通わせるというのか?

 もちろん、幼稚園から大学まで、聖学院の日本人志望者は大激減するのは必至である。

 聖学院の日本人OB/OGが、母校に寄付することもなくなりそうである。

 広告塔として姜尚中を学長に招聘してみたら、予想をはるか上回る日本人の保護者やOBからの猛抗議があって、志願者は激減しそうで、アテが大外れしたのではないだろうか。

 このままでは聖学院の存亡にかかわるので、姜尚中には一年で辞めていただいたのではないか。

 姜尚中学長辞任の真相とは、この程度の単純なことなのかもしれない。

  普通の日本人であれば誰しも、母校に姜尚中が学長で赴任するとなれば愕然とするだろう。

 ましてや、子弟にそんな不気味な学校を受験させようなんて一瞬一秒たりとも思わない。

 自称政治学者の姜尚中には、「金正日政治軍事大学の学長」が適職だったのかもしれない。

« スーパー大赤字必至の北陸新幹線 | トップページ | 日本版wikipediaから削除されたウィルヘルム・レプケ »

コメント

右翼、左翼関係なく姜尚中は
倫理観を国民に求め
権力者や特権者は倫理観に貪り尽く。

これが日本の正体である。

あなたを応援 さま

 NHKに重用される文化人は、その出自を疑った方がよいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/61355532

この記事へのトラックバック一覧です: 今月末で聖学院大学学長を辞任する姜尚中:

« スーパー大赤字必至の北陸新幹線 | トップページ | 日本版wikipediaから削除されたウィルヘルム・レプケ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31