無料ブログはココログ

« 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた | トップページ | 「ロシアの忠犬」になった上念司 »

2014年10月 4日 (土)

倉山満『嘘だらけのアカデミック・ポジション』

倉山満『嘘だらけの日米近現代史』という薄っぺらい新書を買ってしまった。

あまりにもいい加減な内容に唖然とした。これで760円は高すぎると思う。

一例を挙げる。

88ページ

 何を考えてわざわざ自分から真珠湾を攻撃してあげたのかわかりません。

→本書は、このように投げやりな筆法で貫かれている。

 学者というレベルには程遠い学力であるがため、日本全国すべての大学で常勤職として採用されなかったことが容易に想像できる。

 著者のプロフィールには、「現在は、国士舘大学体育学部・21世紀アジア学部講師」と明記してある。

しかし、倉山満のポジションは、正しくは「国士舘大学体育学部・21世紀アジア学部非常勤講師」であろう。

 

 軽犯罪法第1条第15号

 「官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」

→いちおう売り物である書物で、著者のアカデミック・ポジションに虚偽があるのが軽犯罪法第1条第15号に抵触するのか、あるいは詐欺罪に該当するのかは、保守イチローは法律家ではないから判断できない。

 しかし、買ってしまった身としては、「カネ返せ!」と叫びたくなる。

 国士舘大学は、このスキャンダルを看過していてよいのであろうか。なにしろ、シリーズ11万部突破!と帯に書いてあるのだ。

 国士舘大学は、全国の主要な新聞に一面を使って以下のような謝罪広告を出すべきであろう。

 「当大学の体育学部・21世紀アジア学部『講師』という肩書で『嘘だらけの日米近現代史』などを出版した倉山満のアカデミックポジションは、正しくは体育学部・21世紀アジア学部非常勤講師です。本を買ってしまった皆様には、大変なご迷惑をお掛け致しました。返品を希望される方には、全額をお返しいたします。倉山満の懐に入った印税で支払わせます。もちろん、倉山満との非常勤講師としての雇用契約は解除しましたので、お許しください。」

« 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた | トップページ | 「ロシアの忠犬」になった上念司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/60417124

この記事へのトラックバック一覧です: 倉山満『嘘だらけのアカデミック・ポジション』:

« 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた | トップページ | 「ロシアの忠犬」になった上念司 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30