無料ブログはココログ

« 月刊「正論」の元・編集長が高卒であることを自ら認めた | トップページ | 赤い日本医師会 »

2014年10月22日 (水)

自分の職歴を詳しく公表してくれない上念司

上念司『TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ!

内容(「BOOK」データベースより)

       「経済学」は、ビジネスマンの最強の武器になる!知らないと大損する、ライバルと確実に差がつく経済学のイロハを徹底解説!
→「経済学」どころか、あらゆる学問ジャンルにおいて学術業績が皆無なのに、「経済学」をタイトルに持ってくるところに、いかにも味がある。
経済評論家 上念司の学術業績を検索してみた
それはともかく、
TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ!
 語学留学の経歴があるくらいでは、とてもじゃないがこんな偉そうなタイトルにはできないと思われる。
 本書の著者は、以下の二条件いずれかに合致しているビジネスキャリアがあるはずと、常識的には誰しも思うだろう。
 
1.英語は全くダメだが、世界的に尊敬されるような大きな仕事を成し遂げた。
2.英語圏の国で働いて、バリバリ仕事をして成功した。
 そこで、本書を購入した者として、著者の上念司さんに質問があります。
 
 上念司さんが、上記1、2のいずれに当てはまるキャリアの持ち主なのか、是非とも知りたいのです。
 
 上念司さんが中央大学法学部を卒業して、日本長期銀行、臨海セミナー(学習塾)に勤務していたことはwikipediaなどの書いてありますが、その正確な時期と職位については、いくら調べてもわかりません。
 また、臨海セミナーを退職してから、2007年に株式会社「監査と分析」を設立するまで、どこでどのような仕事をされていたのかも、世間には全く知られていません。
 
 上念司さんご本人に、自らの誇るべき華麗なビジネスキャリアについて、詳しく公表して頂きたく存じます。
 そうすれば、上念司さんのキャリアに憧れた若者たちが本書を購入してくれるので、ベストセラーになることは間違いないと思います。

« 月刊「正論」の元・編集長が高卒であることを自ら認めた | トップページ | 赤い日本医師会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

上念司の職歴はよく知りませんが、せいぜい三橋貴明レベルではないかと想像します。

でなければ、長銀での一瞬の勤務のことをわざわざ公表したりしないでしょうね。

大学卒業後、新人社員教育を受けた程度の仕事しか書けない経済評論家って、、、胡散臭いですね。

そういえば、「浜田宏一氏の薫陶を受けた」なんてことも自慢気に書いてありましたが、具体的に何でしょう?

少なくとも浜田宏一氏の指導の下、何か学術業績や大きな実務経験を積んだということは皆無のようですね。


megumiさま

 上念司や三橋貴明には、ビジネス上の経歴について、たとえば三谷 宏幸氏やカルロス・ゴーン氏のように具体的に時系列で勤務先と職位を書いて頂きたいものですね

三谷 宏幸氏
http://www.benesse-hd.co.jp/ja/about/management/executive/mitani.html

カルロス・ゴーン氏
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2002/ghosn.html

管理人様
megumi様

>そういえば、「浜田宏一氏の薫陶を受けた」なんてことも自慢気に書いてありましたが、具体的に何でしょう?

私も同じことを感じていました。
今、調べた結果をまとめていますので、近く公開できると思います。

かなり、衝撃的(笑劇的かも)な内容です。

マウスさま

 浜田宏一氏が上念司を教え子だと認識しているのかどうか、ご本人に伺いたいですね。

麻原彰晃がダライ・ラマに一度会っただけなのに、ダライ・ラマの弟子であるかのような言説で信者を増やしていったことがあったようです。それと似たようなものかもしれません。

ただ、上念に麻原ほどの才能があるとは思えませんが。

megumiさま

 マウスさまの新着記事は衝撃的でした(笑)

一度名刺交換しただけで「ビジネスパートナー」、一度食事しただけで著名人の「親友」というような話は、実社会にごろごろしています。
ですから、私も皆さんと同じように、上念が浜田宏一との関係を騙っていると疑っていました。
しかし、、、事実は小説より奇なりでした。


それから、「監査と分析」という会社ですが、どうも実態がよく分からないですね。勝間の講演や研修、勝間塾や倉橋塾の運営に携わっているようですが。
たしか、投資顧問と経営コンサルティングで立ち上げた会社のはずでしたが、それはどうなったんでしょうか。

ちなみに、わたくしマウスは、かつて「監査と分析」という社名から、財政や金融の民間シンクタンクであると勝手に錯覚していました。
もちろん、これは自分の過失です(笑)

マウスさま

三橋貴明も経営コンサルタントを自称していますから、要するに何とでも言えるのでしょう。
一体、どこにあんなバカにカネを払う奇特な人がいるのかと思うのですが、世の中、ああいう人物でも必要とされているようで、全く不思議なものです。

ただ、上念司は超大物から感謝されているぐらいですから、やはり、彼が経営する「監査と分析」は野村総研と比肩する規模のシンクタンクなのかも知れません。

天皇制という信仰に囚われことで
人々は自分自身の意思が誤魔化され
解決する策が皆無にさせられてしまう。

この仕組みが凶器である。

日本は大昔から天皇制が確立され倫理観が権力に蝕まれる構図になっている。

それが天皇制である。

学歴で世の中は変わらねぇぜ

カルトに嵌るのは意思が奪わられるからだろ。

経済ってのは、あらゆる欲が奪われるんだよ。

世の中を変えるのは、欲だよ

欲を食らうのは信仰だよ

人の悪口は言わんくても良いから
『地上の楽園』に帰って壺でも売ってろよ(笑)
キムチ臭いんだよ!

保守イチローさんへ
あなたは、主として保守系と言われる文化人をメッタ斬りにされていますが、そのココロはなんですか?

本当に攻撃しなければならない敵がたくさんいるのに・・・

あなたの意見を読んでいると、中核派と革マル派の熾烈な殺し合いを思い出します。(同じ宗教の週は争いの方が異教徒間の争いより凄惨を極める・・・)

自らの愚かさと真の敵にはやく気づいて下さい。。

Silomさま

 「上念司、倉山満、三橋貴明、チャンネル桜などが保守系」とは、それはなにかのギャグですか?
 それとも、イギリス流の反語表現ですか?
 あるいは、共産主義者特有のニュースピークス(転倒語法、たとえば、「平和(ミール)」=「世界共産化(ミール)」)なのですか?

本当に、保守イチローさんは、敵が誰なのか?という事を分かっていません!!

敵は、21議席に衆議院の議席を増加させた、共産党です!! 危険な兆候です!!

敵は、上念司さん、倉山満さん、三橋貴明さんではありません!!

Silomさんの仰る通り、このブログは、保守が一番馬鹿にしている、左翼の内ゲバです!!

中核派と革マル派の熾烈な殺し合いを思い出します。(同じ宗教の週は争いの方が、異教徒間の争いより凄惨を極める・・・)←この事は、上念司さんが、常に言っています!!

自らの愚かさと、真の敵に早く気づいて下さい。

以上の事は私も申し上げたいです!!


ウイニングチケット様

マウスと言います。

上念のツイッターをほぼ毎日チェックしていますが、最近上念の三橋貴明、中野剛志、藤井聡らへの批判は凄いですよ。

それから、逆に三橋は倉山満を名誉毀損で提訴してますよね。

昔はチャンネル桜で仲が良かったですけど、現在は、まさに中核派(上念・倉山)と革マル派(三橋・中野・藤井)の内ゲバの感じで、傍からは大笑いですよ。

ウイニングチケットさま

はじめまして。

>中核派と革マル派の熾烈な殺し合いを思い出します。(同じ宗教の週は争いの方が、異教徒間の争いより凄惨を極める・・・)←この事は、上念司さんが、常に言っています!!


中川八洋教授の20年前の著作で、同じ文言の表現があります。

何で同じ言葉が出てくるんでしょうね?

ひょっとしたら、「無断盗用」ってやつじゃない?

上念司は共産党系の全商連で講演しています。

http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/100614-01/100614.html

上念司が共産党と密接に関係していることは間違いないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/60524191

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の職歴を詳しく公表してくれない上念司:

« 月刊「正論」の元・編集長が高卒であることを自ら認めた | トップページ | 赤い日本医師会 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31