無料ブログはココログ

« ニーチェ哲学の泰斗 西尾幹二先生を研究したホームページ | トップページ | 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた »

2014年9月27日 (土)

上念司によれば、ロシアとウクライナは互角に戦っているらしい

上念司「ウクライナ情勢はヒトラーとスターリンの亡霊が暴れている大義の無い争いだから日本は関わるな!」

http://www.youtube.com/watch?v=Bphc4dzKDrM

235秒~

ウクライナが弱いもので一方的にやられているというイメージは作られたもの…

 

 ウクライナがロシアに宣戦布告したわけではない。ウクライナはロシアに一方的に攻め込まれて、クリミヤを強奪されてしまったのが現状である。

 ロシアとウクライナとでは、人口、領土の大きさ、軍事力のいずれも天地の差があることくらい、小学生でも知っている。しかも、ウクライナは戦争の準備をしていなかったのだ。

 どうやったらウクライナがロシアと互角に戦えるのだろう?

 また、上念司によれば、日本はウクライナに肩入れしてはならないそうだ。日本を欧米諸国から孤立させたいのだろうか。

 

上念司、ロシア、ウクライナのガス紛争を分かりやすく解説!暴力団と泥棒の戦いと表現!

 

http://www.youtube.com/watch?v=rYLvR9d6lkY

 上念司は、ウクライナをガス泥棒扱いしている。

 上念司によれば、ロシアもウクライナも、どっちもどっちであって、国際法を無視して一方的に侵略したロシアが必ずしも悪いわけではないようだ。

 上念司の狙いは、「ロシアが侵攻するのがウクライナの次は北海道」であることを、日本人に警戒させないことではないだろうか?

 そして、近未来にロシアが北海道に電撃侵攻したとき、上念司は、阿鼻叫喚の北海道民を傍観しながらyou tubeで「ロシアと日本は喧嘩両成敗」とヘラヘラしながら言ってのけるのだろうか?

 

« ニーチェ哲学の泰斗 西尾幹二先生を研究したホームページ | トップページ | 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/60385106

この記事へのトラックバック一覧です: 上念司によれば、ロシアとウクライナは互角に戦っているらしい:

« ニーチェ哲学の泰斗 西尾幹二先生を研究したホームページ | トップページ | 倉山満のアカデミック・ポジションを調べてみた »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30