無料ブログはココログ

« 閣内の極左 菅義偉官房長官を更迭せよ | トップページ | 祝!TTP交渉参加が決定。 さあ、チャンネル桜の動向に注目しよう。 »

2012年12月28日 (金)

三橋貴明『明るい経済教室』のネタ本は小室直樹『経済学のエッセンス―日本経済破局の論理』?

 一度読んでみて下さい。

 チャンネル桜で細切れに放送されている三橋貴明『明るい経済教室』と、『経済学のエッセンス―日本経済破局の論理』の内容は酷似している。

 小室直樹は確かに博識であるし、知識量では三橋貴明の数万倍はあるだろう。

 ただし、小室直樹とは、丸山真男、大塚久雄、川島武宜などを師と仰ぎ、教え子には宮台真司、橋爪大三郎、山田昌弘などがいる、極左中の極左である。

 また、小室直樹は、ホッブス、ジョン・ロック、マックス・ウェーバー、シューペンタ―

、ベンサム、ケインズなどを屹立した思想家だと評価するが、アレクザンダー・ハミルトン、エドマンド・バーク、ハイエクなどの保守主義の思想家には全く触れない。

 彼ほどの学識者が、ハミルトンやバークやハイエクを知らないとは信じられない。

 よって、「小室直樹は極左」と分類せざるをえない。

 そういえば、元・衆議院議員の山岡賢次も、マルチ商法の広告塔としての講演は、小室直樹『信長の悲劇』そのまんまだったなあ。

http://www.youtube.com/watch?v=dlYy7V19y6w

« 閣内の極左 菅義偉官房長官を更迭せよ | トップページ | 祝!TTP交渉参加が決定。 さあ、チャンネル桜の動向に注目しよう。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 三橋みたいなのが比例票目的の候補者にならないように、参院の全国比例を廃止する必要がありますね。万が一にも当選する可能性がありかなり危険です。
一番いいのは華族を復活させて参議院を貴族院に戻すことですが。

がるるさま

 私も、現在の参議院より、明治憲法下での貴族院のほうがはるかにマシだと考えます。
 例えば、以下を組み合わせたらどうかと思います。
1.議席の半分を皇室や首相経験者や高額納税者のみとし、選挙を経ないでよいようにする。
2.地方議会の議員や首長だけが選挙権・被選挙権を持つ間接選挙にする。
3.アメリカのように、上院(参議院)議員は各州二人ずつに決めてしまう。
 

三橋貴明は、平気で自分の本の書評や、自分のブログで自作自演を行うような人物ですから、他人の本をパクることぐらい、何とも思っていないのでしょう。

小室直樹は、確かに博識ではありますが、「目的合理的」こそが全てであるという理性主義の主張が強く、バークの「正しい偏見」やハイエクの「法の支配」、あるいはハミルトンの「大衆に対する懐疑」などには全く触れていません。

ですから、宮台のような者が弟子として育ってしまうのでしょうね。

もっとも、三橋貴明は、世代的に小室直樹の弟子になることができた時代に生まれていたとしても、そのIQの低さから、全く相手にされていなかったでしょう。

megumiさま
 
 小室直樹は、じつに不思議な学者でしたね。
 進歩的文化人の無学や左顧右眄する処世をさんざんバカにしながら、丸山真男や大塚久雄や森嶋道夫を心から尊敬するというのは、私には全く理解不能です。
 
 

個人的には小室先生の憲法解釈、信仰解釈は説得力はあると思います。

気に入らない場合はご容赦。

しかし、三橋さんや政党に翻弄されている?政治さんは市場をどのように理解してるのでしょうか?

日本の政治能力で経済安定理想を成し遂げられると本気で思っているのでしょうか?

安倍総理が破綻を匂わせば正体が現れると思いますがね。

あなたを応援さま
 管理人は、小室直樹の著作はたいてい持っています。とくに「宗教原論」は、たいへんな力作です。
  
 日本では、優秀な人間が政治家になりたがりません。あることないことでプライベートを暴かれまくるのだから、当然でしょう。

イチロー様
ブログ復活していたのですね。
今後も楽しみにしております。

さて、三橋が自民党公認との話、
ブログで初めて知りました。
私はある保守系シンクタンクに出入りしていますが、
そこでも三橋やら上念やらのどうしようもない愚論がまかり通っています。
きちんとした反論をしても、
感情的な反発しか返ってきません。
どうしようもないですね。
三橋はさかんに高橋是清を取り上げますが、
是清は
「常識で考えても、国家その他の公共団体の経済たると個人経済たるとを問わず、借金政策の永続すべからざることは当然である」
と言っています。
安倍政権の経済政策は間違いなく
後世に禍根を残すでしょう。
残念です。

ところで、小室直樹。
確かに実に不思議な学者でした。
下記うちのHPのレポート
「国家とは何か、外交とは何か――戦後日本の総決算」では、
『新戦争論』から引用させてもらいました。
エドモンド・バークの保守主義もちょこっと出てきます。
お目通しいただければ幸甚です。
http://www.saisei21.jp/report/2012/report-2

追記です。
三橋が今度の参院選での自民党公認になったと勘違いしました。
そうではないんですね。
今度出たら通る可能性がありますから、そうならないことを祈るしかないですね。

稻田雅彦さま

 三橋貴明の言うように、日本経済が世界最強で、国債を刷りまくって国民がハッピーになるなら、こんなに楽ちんなことはありませんね。
 HPを拝読させていただきます。

保守イチロー様
初めまして。いつも楽しく拝読しております。
チャンネル桜関連記事の件で、
保守イチロー様にご相談したい事がございます。
不躾とは存じますが、私のアドレス宛て、
ご連絡を頂けないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/56406708

この記事へのトラックバック一覧です: 三橋貴明『明るい経済教室』のネタ本は小室直樹『経済学のエッセンス―日本経済破局の論理』?:

« 閣内の極左 菅義偉官房長官を更迭せよ | トップページ | 祝!TTP交渉参加が決定。 さあ、チャンネル桜の動向に注目しよう。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31