無料ブログはココログ

« 小学生以下の詭弁を弄する上念司 | トップページ | 敗走する民主党への追撃戦は? »

2012年12月18日 (火)

衆議院選挙の結果に思うこと

 自民党が大勝した。

小選挙区制という制度では、総得票数が相対的に少しでも多い党がたくさんの議席をとってしまう。

 自民党そのものが、なにか良いほうに変わったわけではないと思う。

 尖閣、普天間、宮崎口蹄疫、党内の権力闘争、外国人献金問題など、民主党のオウンゴールが凄まじすぎた。

 今回の選挙では、前回ならば民主党に入ったであろう票の多くが、維新に流れてしまったのだろう。

 比例では、民主党と維新の票を足せば、自民党の総得票数よりもはっきり多い。

 また、公明党・未来の党・共産党・社民党・国民新党・日本新党・改革などは、いずれも極左政党である。

 各比例ブロックでこれらの票を総計すれば、自民党の得票よりもかなり多くなる。

 この結果は、極左シンパの有権者が、日本では過半数どころではないことを示しているといえよう。

 また、超バラマキの社会保障をこのままにしたまま、金融緩和をしてインフレターゲットを設定するという自民党の経済政策は、近未来の財政破綻を確実なものにするだろう。

 保守イチローは、たいへん憂慮している。

 とはいえ、民主党と未来にいた極左政治家の過半を国会から放逐できたことは、日本の国益に合致していることは間違いない。

 次回の参院選で、民主党を再起不可能なくらいに解体的敗北に追い込むことが、当面の課題となろう。

 つづく。

 

 

 

 

 

« 小学生以下の詭弁を弄する上念司 | トップページ | 敗走する民主党への追撃戦は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

祝大勝
こんばんわ
自民は大勝しましたが、国家観無い左翼から国家観ある左翼に政権がスライドしただけであると思います
我々の道は少し近づきましたがまだまだ遠いですね

naoさま

 ポスト小泉以降の自民党は、社会保障費を削るとは決していいません。
 民主党という職業革命家たちの政権から、自民党という社会主義指向の政権になったということですね。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/56347176

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙の結果に思うこと:

« 小学生以下の詭弁を弄する上念司 | トップページ | 敗走する民主党への追撃戦は? »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31