無料ブログはココログ

« 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ | トップページ | まだしつこく抱腹絶倒の「日本国のバランスシート」を持ち出す三橋貴明 »

2012年2月14日 (火)

中川八洋『脱原発のウソと犯罪』を読みました。

 オークラ出版の「撃論」での論考を、さらに深くした一冊である。

 全く不必要であった避難を強制された人たちには、是非とも読んでいただきたい。

 

 「脱原発」は、日本経済破綻を狙う共産主義革命である。

 そのデマゴーグたちは、バカでなければコミュニストと断定してよいだろう。

 

 では、「日本は財政危機ではない」「国債は国民の資産」「国債を刷って、公共事業をやりまくれ」と煽動する三橋貴明・上念司・高橋洋一・丹羽春樹・田中秀臣んら、リフレ派といわれる連中の思想本籍は、いったいどこなのだろう?

« 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ | トップページ | まだしつこく抱腹絶倒の「日本国のバランスシート」を持ち出す三橋貴明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>>「脱原発」は、日本経済破綻を狙う共産主義革命

逆に「原発擁護」は関連企業から金もらってるというイメージもありますがね。

懲りない赤星京三クン

本屋に行けば「原発No!」「脱原発こそトレンド!」の本ばかりが平積みの状況下で今回の著作が発売された事自体が正しく奇跡。「保守」というか反左翼側で「其れでも原発は必要!」の「原発擁護」の立場の本は、高田純氏以外は中川先生の本のみ。版元が日新報道というのが其れを物語っている。「関連企業から金もらってる」と言ってる時点でアンタは「マルクス教(狂)徒」と言う事。下の名前の「京三」は「キョウサン=共産」と読めるし、一昔前になるが、朝日に投書してた「赤井邦導」と同じ。次に文句付ける時はもっと勉強して出直しなはれ。

そこら辺で「脱原発」のチラシ配ってるジジババに
「あの只でさえ何事にも杜撰で情報隠蔽の支那の
原発が吹っ飛んだらどないしまんねん?
放射能に国境はおまへんでw それともあんたら
政策に反する市民運動を全て弾圧する支那の反原発団体と連携でもしてるっちゅうの?w 単に自己満足でんがな」

これに反論できるジジババは今のところいない。

赤星 京三さま
 いまどき、電気を使わない事業なんてまずない。殆どの民間企業としては、「脱・原発」とやらで電力不足と電気料金の高騰になるのは、本当に困る。国際競争力の全てを失うことは自明。
 赤星さまは、民間企業がバタバタ倒産し、企業の生産拠点が海外に移り、リストラの嵐が日本中に吹き荒れても、自分だけは食べていけると困らないという、たいへん優れた能力がおありなのでしょうね。

>>いまどき、電気を使わない事業なんてまずない。

ボクでもそれはわかりますよ。ただ、火力発電とか自然エネルギーとかそういう手もあるでしょう。事故が起きた以上原発で電力をつくるのはリスクが高すぎないかと思うのです。

>>赤星さまは、民間企業がバタバタ倒産し、企業の生産拠点が海外に移り、リストラの嵐が日本中に吹き荒れても、自分だけは食べていけると困らないという、たいへん優れた能力がおありなのでしょうね。

むしろあなた方のほうがそういう人間ではないのですか?
弱肉強食を当然と思わない限り、原発もTPP参加も肯定できないと思います。


とりあえず、中川氏の論文が載った「撃論 Vol.3」が奇跡的に本屋に残ってて購入できましたので勉強させていただきます。

管理人様
先程の高田純博士のTwitterで偶然確認しましたが、「撃論」4月号が来月発売されます。乞う御期待下さい。

赤星 京三さま
>>弱肉強食を当然と思わない限り、原発もTPP参加も肯定できないと思います。
→原発擁護と弱肉強食が、どう関連するのか、意味がちょっとわかりません。
 少なくとも、脱原発をすれば、工場はことごとく日本からなくなってしまうでしょう。失業者の大発生です。手に職がない人から、つぎつぎと社会の底辺に転落していくでしょう。

 

ストライクイーグルさま
 撃論の発売が待ち遠しいです。

同書はアマゾンでは入手できず、他の書店でようやく入手し読了しました。(案の定、アマゾンの嫌がらせですかね?)

まるっきり素人の私は、原発事故直後は、できるだけ火力発電に切り替えるべきだと思っていましたが(全廃ではありません)、今日の為替レートと原油や天然ガスの高騰を考えると、必然的に原子力発電に頼るしかないという結論に行き着くようになりました。

ただし、絶対必要な条件として

①3.11の事故原因の調査(外部電源の喪失を含めた徹底的な原因究明)

②事故原因の調査を踏まえた上での徹底的対策

が行われるべきことは言うまでもありません。
しかし、それらがきちんと行われ、国民に対し正確な情報開示と教育がなされれば、原発の再稼働に支障はないはずです。

それでも反対するというのは、日本経済を衰亡させよう、日本から核技術を奪おうという極左以外の何者でもありません。

今年の史上最大級の寒波による被害者を見ても分かるとおり、必要な電力が安価に供給されなくて困るのは国民です。
もし、今の状況下で停電が相次ぐようになれば、それこそ、地震以上の被害者がでることは容易に想像できます。

また、私の勤務先もそうですが、メーカーは、円高と電力供給の不安に怯え、生産拠点を続々と海外に移しつつあります。

学生の理系離れも重なり、日本の経済は今後、さらに厳しくなるでしょう。

日本経済を安定回復させるためには、「国債をじゃんじゃん刷って」ではなく、最低限「原発推進による安価な電力の安定供給」「理科系教育の推進」「少子化ストップ」は欠かせませんね。

megumiさま

>>日本経済を安定回復させるためには、「国債をじゃんじゃん刷って」ではなく、最低限「原発推進による安価な電力の安定供給」「理科系教育の推進」「少子化ストップ」は欠かせませんね。


 脱原発では、日本経済の壊滅は必至です。
私は、原発なんかよりも、深夜の高速夜行バスに乗るほうがよほど怖い。運転手の手元が狂えば、簡単にあの世逝きです。

脱原発が共産主義?
騒いでいるメンバーに共産主義者が多いと(みたら)、それだけで脱原発派は共産主義者の集まりになるのか?

中川八洋氏の著作は読んだり買ったりするが、所詮は文系の限界か?
それとも君を含めて、ただの電力会社の回し者?

まぁ、人の命をなんとも思わない中共の人間なら、放射能に汚染された土地を買い漁るのも道理だが、それを見習えとでも言いたいのか?
それが真の保守派の取るべき行動だとでも言いたいのか?

放射線が遺伝子を傷つける仕組みは、「水を熱し続ければ水蒸気になる」などと同じ物理的な法則。逆立ちしたって念仏を唱えたって変えようが無い法則。

保守派=原発容認派などと勝手に決めつけるな。
偽保守が!

タコさま

>>放射線が遺伝子を傷つける仕組みは、「水を熱し続ければ水蒸気になる」などと同じ物理的な法則。逆立ちしたって念仏を唱えたって変えようが無い法則。


 これだからド素人は困りますね。
 人間のDNAは、二重らせん構造になっているので、遺伝子が傷ついても速やかに修復される。

 知ったかぶりはやめて、「ワトソン遺伝子の分子生物学」「細胞の分子生物学」のどちらかくらいは、お手元に置いておいたらいかがでしょうか?

??
修復に失敗して病気が発生することもありますよね。DNAの修復は完全ではないんですよ。

だからこそ進化が生じたわけですが、同時に、弱点でもあるのです。

nagaさま

>>修復に失敗して病気が発生することもありますよね。DNAの修復は完全ではないんですよ。

 
 それがわかっているから、放射線に関わる医療職には被曝量を測るバッジを渡されているし、放射線治療には臓器別に何グレイまで照射できると決まっているのです。
 どれくらいの放射線ならば浴びても大丈夫かは、放射線医学では、相当なところまで研究しつくされています。

例えば、ブルーバックスの近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 少しの放射線は心配無用』でも、まずはお読みになってはいかがでしょうか?

安全確保さえ完璧ならば原発の運転はすみやかにすべきです。
後は、廃棄物の処理をどうするか、枯渇するウラン資源の手当さえクリアー出来れば、原発の増設まで問題はありません。
原発を全廃するにしても、発電所建設までの繋ぎとしての役割を果たさせなければならないのは明らかです。
脱原発論の誤りは、では、変わりはどうするかと言う問いを答えてない点です。
私なら、地球温暖化詐欺を持って来て、火力復権により賄うと堂々と答えますがね。

続きです。
原発が安全なのを示すならば、反対派の懸念を対策をもって潰す地道な努力が必要です。
地盤が弱く建屋倒壊懸念がある原発は、そうはならない具体的な想定と対策を示す(出来なければ廃炉)。
テロ懸念があれば、警備強化をするなどの対策をすべきです。
中川先生に原発本を書いて頂くなら、次は安全に原発運転をするための基準について述べたものでしょうね。

Suica割さま

 中川八洋が指摘するように、「科学」が無視される国柄になってしまったようです。
 「学者モドキ」小出裕章の反原発本がベストセラーになってしまうのも、そういう土壌があってのことかと思います。

》これだからド素人は困りますね。
》人間のDNAは、二重らせん構造になっているので、
》遺伝子が傷ついても速やかに修復される。

馬鹿丸出し。
二重螺旋の片方だけが傷つくなら修復されるが、両方ともやられた場合、どうやって修復できるのかな?


》知ったかぶりはやめて、「ワトソン遺伝子の分子生物学」「細胞の分子生物学」のどちらかくらいは、
》お手元に置いておいたらいかがでしょうか?

おやおや。
その「ワトソン遺伝子の分子生物学」「細胞の分子生物学」の何ページに何が書いてあるのか、引用してみろよ。
詐欺師。

だいたい、どこの書店から出ているのかな?

二重螺旋の両方ともやられ、かつその細胞が自死しない場合、間違った遺伝子が受け継がれていくんだが。
「ワトソン遺伝子の分子生物学」「細胞の分子生物学」から、是非これに反する部分を引用したまえ。
詐欺師くん。

「ワトソン遺伝子の分子生物学」とは、これかな?

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4501621206/ref=redir_mdp_mobile

是非引用して頂きたいな。
楽しみにしているから


( ̄▽ ̄)/ ワクワク

「細胞の分子生物学」とはこれかな
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4315517305?er=1

是非、引用して説明してくれたまえ。
( ̄▽ ̄)/

待ってるから。
ゆっくりでいいよ。

安全デマを信じて、死んだり、愛する人を死なせたりするのは勝手だが、ついでだから引用しておくよ。( ̄▽ ̄)/

以下は
http://ameblo.jp/makirin1230/
からの抜粋。

team nakagawaの説明では、甲状腺に蓄積したヨウ素131(720Bq)による被曝量と全身に蓄積したカリウム40(6000Bq)による被曝量を比較していますが、甲状腺の質量は全身の質量の約3000分の1であることを無視しています。
甲状腺に対する影響を考えるなら、もちろんかなりデタラメな説明ですが、実効線量で考えたとしても甲状腺の組織荷重係数は0.04~0.05だから、かなり過少評価になります。
次の資料によると、人は通常体内にある約4000Bqのカリウム40によって年間0.17mSvの被曝を受けるとあります。
これは1年間の実効線量が0.17mSvということですが、カリウム40は全身にほぼ均一に分布するので、甲状腺等価線量でも0.17mSvということになります。
1秒あたりの崩壊数×1年間(単位は秒)×カリウム40から放出されるβ線の平均エネルギー/全身の質量
≒4000個/s×(3.15E+7)s×0.52MeV/60kg
≒(1.2E+11)個×(0.52E+6)×(1.6E-19J)/60kg
≒0.17mSv
という感じです。


■一方、ヨウ素131が4000Bq甲状線に移行してしまった場合はどうでしょうか。
口径摂取した20パーセントが甲状腺に移行すると仮定すると、20000Bqのヨウ素131を口径摂取したことに対応します。

◇まず、成人の実効線量換算係数0.016μSv/Bqと甲状腺等価線量換算係数0.32μSv/Bqを用いると(これらの換算係数はモデルによって異なり、ここでは次の資料の〔表L-2〕と〔表L-3〕の値を用いることにします。)
(http://www.nsc.go.jp/anzen/sisin2/houkokusyo6.htm

実効線量は
20000Bq×0.016μSv/Bq=320μSv
=0.32mSv
となり、
甲状腺等価線量は
20000Bq×0.32μSv/Bq=6400μSv
=6.4mSv
となります。

ここでは、組織荷重係数は0.05としています。

(続き)
多少の数値の違いなら大目に見ることもできますが、これほどデタラメな見積もりをしただけでなく結果も逆であったりするのに、未だ訂正されていません。

中川恵一は放射線を用いて癌の治療をする専門家であって、放射性物質や放射線のリスク評価やその防護に関する専門家ではないので、実は組織荷重係数や実効線量について理解が不十分なわけです。
それにもかかわらず、事故直後から、こういった「安全デマ」を繰り返し発信しています。

彼は専門家と呼ぶには程遠い「金に目がくらんだお医者さん」にすぎないということに注意してください。

以上引用終わり。

兎に角、一日も早く、全国全ての原発を再稼動っ!!再稼動あるのみっ!!反原発・脱原発は墓場に直行っ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53986325

この記事へのトラックバック一覧です: 中川八洋『脱原発のウソと犯罪』を読みました。:

« 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ | トップページ | まだしつこく抱腹絶倒の「日本国のバランスシート」を持ち出す三橋貴明 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30