無料ブログはココログ

« 口耳之学 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑦ | トップページ | 全豹一斑 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑨ »

2012年1月29日 (日)

孤城落日 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑧

第三章

P155 モノとお金のバランスを見るためにもっとも適した指標は物価です。モノよりもお金の量が増えすぎると物価は上昇し、反対にモノに対してお金の量が不足すると物価は下落します。

P169 要するに、人々が印刷された紙(お金、紙幣)を求めて、モノを全然買わないわけですから、お金を大量に印刷してお金の価値を下げてしまえば、人々はおのずとモノを求めるようになるということです。

→それは確かにそういう一面もあるだろう。例えば、日本円の通貨供給量を10倍にすれば、貨幣の価値は大暴落するだろう。ただし、それで人々がおのずとモノを求めるようになるかどうか・・・ 実際には、経済は大混乱して、日本円をゴールドや米ドルなどに、変えてしまうのがオチだろう。

 そもそも、物価というものが、あまりにも多くの要因で決定されるのは常識ではないのか。

 

 多くの製造業もサービス業も、猛烈なコストダウンの競争に晒されている。

 また、技術革新によって、産業構造が大変化してしまうことも珍しくはない。海運業の「コンテナ革命」はあまりにも有名だろう。

 インターネットの普及により、通信のコストはものすごく下がった。電報や郵便は壊滅的なし、株取引の手数料も異様に安くなっている。

 デジカメの普及により、使い捨てカメラはタダでも要らないような過去のものになったし、デジカメの低価格化も止まらない。

 記録媒体は、フロッピーディスクやMOなんてすでに博物館行きとなり、メモリースティックやDVDなども、価格は驚くほど低下している。

 流通の工夫により、100円ショップというのも定着した。不要なサービスを省いたカットのみの床屋なら、1000円以下が相場だろう。

 格安航空券が当たり前となり、海外旅行すら庶民の道楽となった。

 いうまでもなく、ユニクロやドトールも、当該業界の相場を変えてしまったと言えるだろう。

 要するに、通貨供給量以外にも、物価を下げる要因はいくらでもあるということだ。

 もちろん、物価を上げる要因としては、原材料の高騰、エネルギー問題、雇用問題など、無数にあるし、刻々と状況は変わってゆく。

 経済は、人智が及ばないブラックボックスである。一分後の相場が正確に分かれば、誰でも億万長者になれる。

 上念司は、多くの人間が生きているこの極めて複雑な社会を、高校物理の演習問題みたいに超単純化できると考えているのだろう。

 そう、典型的な理性設計主義者である。

 しかし、上念司は、哲学のイロハすら知らないのか、以下のようなことを言っている。

 この決定的な自己矛盾について、皆様はどうお感じになるだろうか?

変態御用一般人とデフレショックドクトリン:上念司×田中秀臣

http://real-japan.org/2012/01/01/780/

上念:それは知識人でもそうですね。この間、ある評論家と飲んでて、「私は真の意味で保守主義者です」と言ったら、「上念さんは国粋主義者なんですか」みたいなことをいわれました。僕にとって保守主義とは設計主義に反対する自由主義のことを指します。保守というのは理性に対して懐疑的で、漸進的かつ段階的に改革していこうという人でもあります。人間の理性に全幅の信頼をおかない、誰かが設計したことにダーっと殺到しない。毛沢東もスターリンも信じない。反証可能性があるにもかかわらずそれでも否定できないことを、あくまで現時点で正しいと考えるのが真の保守主義です。そういう意味では、真の保守主義の最大の敵は例えば「戦中の日本が全部正しい」みたいな復古主義や現状維持バイアスの権化のような守旧派であり、スターリンや毛沢東が推進した社会主義です。これを説明したらその評論家もそういう意味では自分も保守だと理解してくれました。

つづく

 

 

 

 

 

 

« 口耳之学 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑦ | トップページ | 全豹一斑 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑨ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント


三橋某や中野某にも共通していますが、「物価下落=悪」のようですね。

コストダウンは当然物価の下落に繋がりますが、上念の論法だと、日本のほぼ全ての産業が悪と言う話になっちゃいますね。

ところで、上念は国産車に乗ったことが無いんでしょうかね?
マクドナルドも、吉野家も行かないのでしょうか?

ちなみに私はトヨタ車が好きで、マクドナルドもよく行きますが、上念は行かないんでしょうね?
行っていたら詐欺師です。

変態御用一般人と呼ばれて さま

>>コストダウンは当然物価の下落に繋がりますが、上念の論法だと、日本のほぼ全ての産業が悪と言う話になっちゃいますね。


→新規参入が出来ない分野とか、薬価みたいに価格を政府が決めてしまうものは、たしかに値下がりしにくいでしょう。
 私企業=悪という基調の、いかにもコミュニストらしい論法ですね。
 

>>ところで、上念は国産車に乗ったことが無いんでしょうかね?
マクドナルドも、吉野家も行かないのでしょうか?

→家電量販店に行けば、「他店よりも一円でも高かったら言ってくれ」というような張り紙が、あちこちにみられます。

 上念は、高級百貨店やブランドショップやヤナセショールームとかでしか買い物をしないのかもしれませんね。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53848249

この記事へのトラックバック一覧です: 孤城落日 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑧:

« 口耳之学 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑦ | トップページ | 全豹一斑 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑨ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30