無料ブログはココログ

« 孤城落日 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑧ | トップページ | 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ »

2012年1月30日 (月)

全豹一斑 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑨

第三章

P169 今の日銀総裁の白川さんという方も、マクロとミクロを混同して次のような発言をしていました。一国の中央銀行総裁としてはかなり恥ずかしいド素人のような発言ですが、日本のマスコミは完全にスルーしてしまったようです。

→経済学分野での上念司の学術業績については、拙ブログで取り上げたことがある。

 保守イチローとしては、別に白川氏を擁護するつもりもない。

 しかし、国家の経済について、白川氏と上念司のどちらが「ド素人」なのかは、みなさまの判断に委ねたい。

 たとえば、以下の記事を御参照いたければ幸いである。

 

経済評論家 上念司の学術業績を検索してみた

http://hoshuichiro.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-0adb.html

華麗なブーメラン 学術業績ゼロなのに「御用一般人」と上から目線の上念司

http://hoshuichiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3100.html

P169 白川さんは新しい発明をしてニーズを掘り起こせと言いたいのでしょうか。「モノとお金のバランスで経済が成り立っている(ワルラスの法則)」という経済学の基本中の基本をご存じないようです。

そんなことくらいは、誰だって知っている。

 エライ学者がどう言おうが、一国の経済について、そんな簡単に法則化できるわけがない。

 ニュートンの三法則とか、ケプラーの法則、ファラデーの法則、ボイル・シャルルの法則みたいな自然科学の法則と、経済学分野の法則とでは、前提からして全く性質を異にするのは論ずる以前の問題だろう。

 現実に人間が暮らしている社会に、ナントカの法則というものが常にあてはまるというのは、高校生以下の世間知らずであるか、強度の宗教的信仰があるからだろう。

 その宗教的信仰の一派ではあるが、社会を無理矢理に単純な法則性に当てはめようとして、20世紀に大ブレイクし、人類に甚大な惨禍をもたらしてたのが、「マルクス・レーニン主義」であることは常識であろう。

 また、外国のエライ学者が提言した法則だから・・・というのは、上念司の言葉でいう「御用一般人」と、いったいどう違うのだろうか?

御用一般人を語る(上):上念司×田中秀臣

http://real-japan.org/2011/11/02/625/

上念 (略)御用一般人というのは、基本的にランク主義者が多いので、①社会的な地位の高い偉い人がいってる、②頭のいい人が言ってる、③みんなが言ってる、という3要件のうち、より多くを満たすものを鵜呑みにしてしまいます。(以下略)

つづく

« 孤城落日 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑧ | トップページ | 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>上念:御用一般人というのは、基本的にランク主義者が多いので、①社会的な地位の高い偉い人がいってる、②頭のいい人が言ってる、③みんなが言ってる


その表現を上念に当てはめると

①社会的地位がもともと低く(2ちゃんねらー出身で10年間で14社会社を転々とした三橋貴明や、倒産企業出身の上念、5流大学で教鞭を取るしか職が無い田中ら)

②頭の悪い人が言っている(三橋、上念、田中)

③みんなが言っていない(というよりも、算数ができない、基礎学力が無い、非常識、私有財産否定)

ということになりますねwww

その昔、社会科学がお手盛りで権威と箔付けを望んだ結果が、「ナントカの法則」云々で、机上の空論を一つ覚えのように語る手法でした。

自然科学のノーベル関係者が、経済学賞を蔑むのは当然の帰結です。

もともと存在しない賞をお手盛りで作ったアホ学者達の多くは亡くなっていますけどね。

続きも楽しみです。

変態御用一般人と呼ばれて さま

 彼らは、ガチガチに討論しなければならないような場を避けていますよね。
 
>>①社会的地位がもともと低く(2ちゃんねらー出身で10年間で14社会社を転々とした三橋貴明や、倒産企業出身の上念、5流大学で教鞭を取るしか職が無い田中ら)

 失うものがないからこそ、なんでもありなのでしょうね。マトモな学者がこんな矛盾と誤謬だらけの経済理論を世に問えば、研究者生命が終わってしまいます。

日本は破綻しない。破綻時の対策が重要なのです。アホ臭くて話にならない。日銀総裁は人口比率(日本の将来)、国際市場の不均衡、国庫の概念などにお手上げだと論文で論じている。(個人的にはその様に解釈している。)なぜなら、市場は神の手である。(笑)そもそも、経済(現実産業)と市場(金融産業)が分離している状態で調整できる訳がない。市場は将来への投資で、経済は条件である。さらに、公共事業と公務員は資本主義では、極論であるが邪魔なだけ!意味理解できる輩は少ないのでは、なんか、自分もブログをやりたくなった。
イチローさん よろしく

mary_0423 さま
>>その昔、社会科学がお手盛りで権威と箔付けを望んだ結果が、「ナントカの法則」云々で、机上の空論を一つ覚えのように語る手法でした。

→経済学では、コンドラチェフの波とか、オーリン・へクシャーの定理とか、現実無視のヘンテコ法則ばかりですね。
 そもそも、ケインズが学者以前の詐欺漢ですから、その理論を深化させること自体がナンセンスの極みでしょう。

あなたを応援さま

こちらこそよろしくお願いします。
盟友ブログも御参照ください。インチキ経済評論家たちの批判は、meguのブログが詳しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53852092

この記事へのトラックバック一覧です: 全豹一斑 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑨:

« 孤城落日 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑧ | トップページ | 画竜点睛 上念司「日本は破産しない!」を読み解く⑩ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30