無料ブログはココログ

« 三橋貴明ハチャメチャ経済理論の事始め | トップページ | 赤字国債は子孫へのツケまわしではないという三橋貴明 »

2011年11月16日 (水)

三橋貴明のブットビ経済教室ー日本国通貨の担保は「民間の資産」

【明るい経済教室】#3 通貨の価値は如何に担保されているのか[桜H23/10/28] 

http://www.youtube.com/watch?v=ElHjE4npcDc

この番組を視て、心底から驚愕した。

1分10秒~4分40秒を、是非とも視ていただきたい。繰り返し視て、よく考えてみてください。

要約すると、

三橋によれば、通貨の価値を担保するのは、その国の供給能力であるそうだ。

また、「国の富」とは、以下の三つの合計とのこと。

1.生産資産(企業や民間の家計が積み重ねた資産、住宅を含む)

2.有形非生産資産(土地、漁場、資源など、はじめから国にあるもの)

3.対外純資産(外国に貸したカネー外国からの借金)

ところで、これら1-3は、多くの民間の財産を含んでいるものだ。

そして、1の生産資産(企業や民間の家計が積み重ねた資産、住宅を含む)が、実質的に通貨の価値を担保しているとのことである。

 おいおい、家計や私企業が所有している土地や建物や物品や知的財産などが、通貨の価値を担保しているの???

 日本にいる外国人や日本にある外資系企業の資産だって、通貨の価値の担保にされてしまっているの???

 そんなんだったら、外資系企業は、明日にでも日本から全ての資産を引き揚げるだろう。

つまり、三橋理論によれば、政府は通貨の発行はできるが、その価値を政府が担保しないということになる。担保するのは民間であるからだ。

 そんなんだったら、紙幣はただの紙切れ、コインは金属の塊ではないか!

 日本銀行は、ただの「通貨発行所」に格下げできることになる。

 これでは、国家は一日も運営できない。

 どうやら、三橋貴明は、民間の資産を、ジャコバン党や朝鮮労働党みたいに、いつでも政府の所有物として処分できるという前提に立っているのではないのか?

 自らの全体主義思想を隠すために、このようにわけのわからない解説になってしまったのだろうと、保守イチローは推定する。

« 三橋貴明ハチャメチャ経済理論の事始め | トップページ | 赤字国債は子孫へのツケまわしではないという三橋貴明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「そして、1の生産資産(企業や民間の家計が積み重ねた資産、住宅を含む)が、実質的に通貨の価値を担保しているとのことである。

 おいおい、家計や私企業が所有している土地や建物や物品や知的財産などが、通貨の価値を担保しているの???

 日本にいる外国人や日本にある外資系企業の資産だって、通貨の価値の担保にされてしまっているの???

 そんなんだったら、外資系企業は、明日にでも日本から全ての資産を引き揚げるだろう。」

違うよ。
外国企業からすると金儲けができる市場があるってことだよ。
”何も無い荒野”じゃ金を持っている商売相手や価値のある商品が無いけど、人や物が大量にある日本なら色んな金儲けができるでしょ。
だから、EUでは貧乏南欧から金持ちドイツへ人が流入しているんだよ。
判りましたか?^^

どうなんだろう。

1も2も、最終的に徴税・接収できる。だから、担保になっているというのは誤りではないんでは?

問題は、1,2,3を担保にして極限まで国債を発行することで、その場合、全国民は完全無一文になったのと同様の状態になるということなんじゃないでしょうか。

【動画の感想】

1.これをもって『経済教室』と称して、トンデモ理論を振りかざしているのは、もはや犯罪ですね。


2.通貨の担保って、マーケットからの「信用」があるか否かの問題であって、GDPがどうとか、供給能力がどうというのは本質的な話ではないです。

通貨の機能は
・価値の測定尺度
・価値の交換手段
・価値の保蔵手段
であって、それらの機能は信用がなければ果たせない。

GDPの数値なんぞは、マーケットが判断する一つの材料であって、GDPそれ自体が円の価値を決めているわけではありません。


3.平気で「日本の資産と負債は相殺して考える」と言っていますが、『国家債務と私有財産の相殺=私有財産没収』と、正直に表現していない。
要するに、国家債務が極限まで膨張した場合、悪性インフレや大増税によって、事実上の私有財産没収が行われることに全く触れていません。

政府が、まさにジャコバン党や朝鮮労働党のように国民の資産を没収できると当然のように考えている証拠です。

これを、「明るい経済教室」というのは、北朝鮮を「地上の楽園」というのと同じでしょう。
全体主義者らしい発想と言葉遣いですね。


4.そもそも、三橋が並べている数字自体が怪しいです。資産、負債の評価基準と重要なオフバランス事項(巨額の年金債務等)の開示がありません。

【結論】

三橋貴明という全体主義者を使い続けるチャンネル桜は、「朝鮮中央通信」に倣って、「日本中央通信」に名前を変えるべきでしょう。

そして、三橋貴明自身の思想を「主体思想」とでも名付けるのが正しいと思います。

こんなのは、経済学でも何でもなく、悪質な新興宗教に他なりません。

うまやどさま
megumiさま
 
 三橋貴明のとおりに経済政策を断行すれば、たちどころに日本経済の破綻が起こり、国民は失業者だらけとなり、塗炭の苦しみとなるでしょう。
 
 「明るい経済教室」という言葉自体が、共産主義者特有のニュースピークス(転倒語法)なのかもしれませんね。在日外国人の利益を優先する政党が、「国民の生活が第一」というスローガンなのと同じことでしょう。

 あるいは、全く逆のことをわざと平気で書く、ポストモダン思想なのかもしれません。ポストモダンもマルクス主義の畸形にすぎないものですから、いずれにしても三橋の思想本籍は極左全体主義であることに変わりまありませんね。

管理人に
バーク保守主義 SHINSEIHOSHU うまやど
megumi antired's 各様

「TPP反対!」のネトウヨのサイトの一つで、ヒットラーを崇拝する瀬戸某の「日本よ何処へ行く」の今月11日の記事が兎に角「飛んで」ます。記事では、管理人様のブログのコメ欄にも登場したherald様のブログが「槍玉」に挙げられ、其のherald様もコメ欄に反論のコメを送っています。なお、「瀬戸信者」のコメを見たら、「主婦」なる者のコメ、最早、「精神異常」「気狂い」です。三橋とは関係有りませんが報告して置きます。

ストライクイーグルさま
 さっそく、件の記事をみました。
 感情が激していて、もはや文章の体を成していませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53255723

この記事へのトラックバック一覧です: 三橋貴明のブットビ経済教室ー日本国通貨の担保は「民間の資産」:

« 三橋貴明ハチャメチャ経済理論の事始め | トップページ | 赤字国債は子孫へのツケまわしではないという三橋貴明 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31