無料ブログはココログ

« 国債暴落は来年か? | トップページ | 民主党・山岡賢次消費者担当大臣とマルチ商法講演会 »

2011年11月 9日 (水)

ユーロ危機の棚ボタ

 欧州連合を構成している国は、すべてキリスト教国である。また、共産主義や社会主義の国はない。軍事独裁政権も全くない。

 アイルランドとキプロスとマルタ以外は、陸続きでもある。

 それでも、経済問題だけでもこの混乱であり、ユーロという通貨の存続すら危ない。

 

 この現実を目の当たりにすれば、「東アジア共同体」などというものが、全くナンセンスであることが明らかとなった。

宗教も言語も、各国でバラバラ。

 中国とベトナムと北朝鮮は共産主義国、ラオスは社会主義国、ミャンマーは軍事政権。

 日本と北朝鮮は、国交すらなく、拉致問題も未解決である。

 こんな状況で、共同体をつくろうというのは、狂人の妄想でしかない。

 小学生にも大笑いされる「東アジア共同体」構想を推進した連中は、外交官や大学教授などの公職から、潔く身を引くべきであろう。

« 国債暴落は来年か? | トップページ | 民主党・山岡賢次消費者担当大臣とマルチ商法講演会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鳩山発言で思ったことまんまです。
これで共同体作れると思う方がおかしい。
まだ、大東亜共存圏作ろうと言い出して、現状の国境を維持し、軍事衝突をなるべく無くそうと計画する方が実現しそうです。(栄えるかはそれぞれの国家の心がけ次第ということにして)

Suica割り様

「アシナガバチの巣作り日記」の貴殿のコメント見ましたよ。流石、「軍事研究」を読んでるあって相当な物ですね。「丸」「世界の艦船」「航空ファン」「J-Wing」等も読まれていますか。若し良かったら、勿体ぶらないで、管理人様に「バーク保守主義者」「SHINSEIHOSHU」「うまやど」「megumi」「antired's」各様のコメ欄にも、例えば「極東ロシア軍の動向」等の情報を提供してみて下さい。FXの選定楽しみですね。私はズバリ、F-35AライトニングⅡが選定されると思います。あと先述の「軍研」、元朝日で日共の石川某が最近登場しないのが「寂しい」ですね。


軍事研究は、近所の本屋に置いてあります。定期購読しようかなあ・・・

ストライクイーグル様、「丸」、「世界の艦船」はたまに、「J-Wing」、「航空ファン」、「AIR LINE」は毎月、「歴史群像」は毎号、「GUN」とかも毎月読んでます。
得た知識は出し惜しみしてる訳はないのですが、機会があれば出していこうと思います。
アシナガバチさんのところは数多久遠さんつながりで来たんです。
私として一押しは35とタイフーンの二本立ての戦闘機配備数純増なんですが。
現状でいくならタイフーン押し、理由次第でホーネット押しですね。
ものになっていて、一番なのが、タイフーンで、空自が米海軍とのより深い連携関係を築く契機にしたいというのなら飲めないこともないというのが理由です。

管理人様
買うべきだと思いますよ。
あと、バックナンバーもたくさんありますから気が向いたのを買ったらいいと思います。

Suica割り様

数多久遠様のブログも拝見しました。そちらの方も宜しく御願い致します。空自FXに陸自UHX、結果が楽しみですね。

古い記事へのコメント失礼します。

「数多久遠のブログ シミュレーション小説と防衛雑感」:における記事「北方領土問題解決のためには、国後・択捉を売却すべき」(2013年3月16日付)
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/cat22414647/index.html


「ある程度の海空戦力を残せば、陸上戦力は大幅に削減でき、南方に振り向けられます」とあるように、結局のところ「北進放棄、南進推進」という"いつかきた道"の再来。

また、「量的な緩和を図るだけで無く、質的にも、島嶼防衛に則した戦力体系に、大きく変容させることが可能」とし、「北方領土」という島嶼群を放棄させるというクレイジーな提案。

この記事の筆者の発想は、徹頭徹尾“ロシアの国益”の追求。

数多久遠氏は"要注意人物"に指定が決定したようです。

まさしくロシアというリトマス試験紙の“赤”判定は霊験あらたかということでしょうか。

「中川八洋文献目録」管理人さま

>>この記事の筆者の発想は、徹頭徹尾“ロシアの国益”の追求。

>>数多久遠氏は"要注意人物"に指定が決定したようです。

>>まさしくロシアというリトマス試験紙の“赤”判定は霊験あらたかということでしょうか。


→おっしゃる通りだと思います。
提案していることがロシアにとって利益になるかどうかは、その人物の思想本籍を判断する重要な基準ですね。

管理人様
「中川八洋文献管理人」様

御久し振りであります。「中川八洋文献管理人」様が挙げたブログ、最初は「ニュートラル」と思ったのですが、件の記事で「コイツはアカン」と思いました。「元・空自幹部」で小説も出してる割には、顔も本名も出さない所を見ると其の肩書きは「自称」でしょう。又、中共のメディアの取材を受けた事を自慢してますし。軍事・兵器系ブロガーも要注意の程を。其れと管理人様がリンク先としている「Antired`s」様のブログは削除されてますのでマウス様のブログにリンク替えすると良いでしょう。中川先生の新刊まだでしょうかね。頑張って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53205855

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ危機の棚ボタ:

» 橋下徹と大阪維新の会がダブル選に勝てば大阪終了 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

« 国債暴落は来年か? | トップページ | 民主党・山岡賢次消費者担当大臣とマルチ商法講演会 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31