無料ブログはココログ

« 近藤宗平『人は放射線になぜ弱いかー少しの放射線は心配無用 第3版 (ブルーバックス)』 | トップページ | エドワード・ギボン『ローマ帝国衰亡史』 »

2011年10月31日 (月)

ウェード・アリソン『放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか』

  • 単行本(ソフトカバー): 270ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2011/7/29)
  • ISBN-10: 4198632189
  • ISBN-13: 978-4198632182
  • 発売日: 2011/7/29
  • 内容紹介

    放射線は人体に恐ろしい影響をもたらすものだが、日本では福島第一の事故を契機に放射能汚染についてさまざまな情報・知見がマスメディア・専門家から流れ、多くの人は、恐怖で疑心暗鬼になっている。著者は、物理学者として、一般に放射線の影響が実際以上に“怖れられすぎている”ことに疑問を感じ、ヒロシマ・ナガサキ、チェルノブイリやスリーマイルといった実際の被ばく状況や各種データを冷静に分析したうえで、現在、WHOなどが提案する被ばく基準の緩和を主張する。自身は、原発利権と一切関係がなく、多くの読者の手に届くことを目的に「理性的」かつ平易な表現で執筆した論文が本書となる。
    原書は2009年刊行ゆえ、日本語版では、福島の事故を踏まえて一部加筆した。原発の是非は、感情に流されがちだが、冷静にそれを問い直すことが資源に乏しい日本人にとっての未来につながる。

    『放射能と理性』は、原発問題に関して前向きで理性的な議論をすすめるうえで必読書となる一冊。
    (引用終わり)
     保守イチローは、当該分野において、十分が学術業績がある一流の学者しか信用しないことにしている。
     政治家は別にすれば、原子力工学、放射線医学、核物理学のいずれかの専門分野で学術業績がある人間でないならば、原発問題を感情論やイデオロギーを語るしかなくなるだろう。
     西尾幹二、藤井厳喜、竹田恒泰、小林よしのりなどが、原子力工学、放射線医学、核物理学についての専門家かどうかなんて、誰だってわかることではないか!
     
     福島の原発事故についてどうこう言うならば、この本もまた必読である。
     アリソンは、よほど日本に好意的な感情を持っていてくれているのだろう。誠にありがたいことだ。
     
     

    « 近藤宗平『人は放射線になぜ弱いかー少しの放射線は心配無用 第3版 (ブルーバックス)』 | トップページ | エドワード・ギボン『ローマ帝国衰亡史』 »

    書籍・雑誌」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/53111555

    この記事へのトラックバック一覧です: ウェード・アリソン『放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか』:

    « 近藤宗平『人は放射線になぜ弱いかー少しの放射線は心配無用 第3版 (ブルーバックス)』 | トップページ | エドワード・ギボン『ローマ帝国衰亡史』 »

    最近のトラックバック

    ウェブページ

    2017年11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30