無料ブログはココログ

« 大ヒット祈願 映画を契機に、山本五十六ブーム到来か? | トップページ | 日本人よ、いい加減に目を覚ませ! 民主党は朝鮮労働党日本支部である »

2011年7月 7日 (木)

撃論 原発安国号 vol.2  特集:原発が支える経国済民 ■「脱・原発」は日本経済の破錠。筑波大学名誉教授、中川八洋

http://www.oakla.com/gekironweb/gekirontop.html

http://www.oakla.com/gekironweb/002_genpatu.html

ISBN:978-4-7755-1719-2
本体価格:1143円(税別)
2011/7/4 発売

特集:原発が支える経国済民
 006--「脱・原発」が狙う日本経済の破錠
    原発の改善と推進こそ、日本の安全と発展を担う
    中川八洋(筑波大学名誉教授)
 023--"原子炉過酷事故の権威"が振り返る
    「福島第一」原発事故はこうすれば防げた
    宮崎慶次(大阪大学名誉教授)
 030--愛国者として天命を熱く語る
    浜岡原発を停止した"権力亡者"菅直人批判
    平沼赳夫(衆議院議員)
 039--資源小国日本のエネルギー政策を考える
    原発54基すべて停止すれば、日本経済の沈没は必死だ
    松宮勲(衆議院議員)
 046--「東日本ソーラーベルト構想」に賛同者続出!
    孫正義が"日本経済の地獄"に伝道する「自然エネルギー讃歌」
    小川裕夫(ジャーナリスト)

語られなかった震災問題
 092--天皇陛下被災地ご訪問の歴史的意味を問う
    天皇皇后両陛下巡幸に感涙した日本人
    富岡幸一郎(文藝評論家)
 098--災害派遣で活躍した自衛隊を素直には喜べない
    本当の危機に日本は国防を遂行できるのか
    佐藤正久(参議院議員)
 106--"真正の国難"「ロシアの北海道侵攻準備」が始まった
    災害救助の民間人防衛隊を創り、自衛隊を"国防"に専念させよ!
    間宮重蔵(ジャーナリスト)

126--同郷対談
   "ふるさと福島"は必ず蘇る!
   田母神俊雄(元航空幕僚長)×佐藤栄佐久(元福島県知事)

原子力研究の最前線レポート
 086--長寿命核種を短寿命化する時代の"錬金術"
    放射性廃棄物の半減期短縮技術
    早川満(ジャーナリスト)
 054--ビル・ゲイツが商機を見出した原発ビジネス
    世界はもう次世代原発へむけて歩み出している
    若杉太(フリーライター)

143--国難にあっても、よその国の方が大事
   マスコミが伝えない菅=民主党政権の火事場泥棒対策
   浄閑寺説(フリーライター)
136--過去の改竄は全体主義国家の十八番
   民主党が露呈した『1984年』体質
   三橋貴明(評論家)
120--政府の混迷に地方分権評論者は勢いづくが……
   国家の危機対処を担えるのは中央政府だけだ
   板垣英憲(ジャーナリスト)
112--誰も言わない救国の「第三の財源」
   「政府紙幣」発行権活用で震災復興から一気に財政再建
   丹羽春喜(大阪学院大学名誉教授)
060--フクシマで明らかになった、あまりにも裸な日本の原発
   北朝鮮工作員なら2時間で完了する原発ジャック
   野村旗守(ジャーナリスト)
066--ビン・ラディン死後、アルカイダの目はどこへ向かうか
   原子力発電所を標的とした国際テロへの脅威
   和田大樹(清和大学教員)
076--日本国の新の自立を阻むNPTのくびき
   原発を抱えての日本核武装は不可能だ
   藤井厳喜(評論家)

連載
 148--非道の思想 西部邁(評論家)
 152--百年剣を磨く 桜林美佐(ジャーナリスト)
 160--たしなみとしての岩波文庫 岩田温(秀明大学助教)
 166--反日組織の思想解剖図 早瀬善彦(「澪標」編集長)
 170--注目すべき人々との出会い 但馬オサム(フリーライター)

なんといっても、巻頭論文の『「脱・原発」が狙う日本経済の破錠 原発の改善と推進こそ、日本の安全と発展を担う』中川八洋(筑波大学名誉教授)

は、必読です。これを読むだけでも買う価値あります。

無駄のない短い文章だが、とても説得力がある。

自分もいちおう学術論文を書く身として、文章力をもっともっと研鑽せねば、と思わされた。

« 大ヒット祈願 映画を契機に、山本五十六ブーム到来か? | トップページ | 日本人よ、いい加減に目を覚ませ! 民主党は朝鮮労働党日本支部である »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そもそもが古い原発をだましだまし長期間使ったつけ、日本の電源車が使えない設計を放置、あるいはアメリカ製の電源車を用意しないという怠慢のつけが福島の事故です。
原発廃絶を盲目的に唱える前に、これまでの反省をした上で発言すべきでしょう。
それで廃絶ならそれはそれでかまいません。
安全な原発についてさらに知りたければ「原発安全革命」古川和男著作をお読み下さい。
本当に素晴らしい核技術であるトリウム原発とは何かの初歩を学ぶことができます。
この号はぜひとも買うべきです。
最新の核技術を学べるだけでも保存価値と利用価値満載です。

私は電力供給は、中長期的には、原則、火力発電所の増設で対応し、原発(特に老朽化したもの、構造的欠陥があるもの)は廃炉し、電力供給というよりも核開発技術向上のための少数の原発は持った方がいいと思います。

しかし、原因究明や必要な対策をしないまま、ただ反原発を叫ぶ連中には困ったものです。

以下、私のHPより転載
http://megu777.blogspot.com/2011_06_26_archive.html

-----


反原発の代表格、小出裕章・京都大学助教授は最近メディアでの注目度が高いですが、次の論文に見られるとおり日本の原発を非難する一方、北朝鮮の核保有を擁護する極左の御用学者です。

小出助教授の北朝鮮核開発擁護論文
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/KoreanN.pdf

(例1)
朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮と記す)には1986 年1 月に稼動を始めた電気出力5MW、熱出力は25MW の研究用原子炉がある(小出論文2項)。

⇒北朝鮮ではなく「朝鮮」と呼称するそうです。朝鮮半島において北朝鮮のみを国家として認めよということでしょうか?


(例2)
・その米国が、実は核兵器など持たない朝鮮に対して、「悪の枢軸」というレッテルを貼って攻撃しようとし、日本政府もその尻馬に乗っている。私は、原爆は悪いと思う。どこの国も持つべきでないと思う。朝鮮だってやらないにこしたことない。でも、厖大に核兵器を持っている国が、あるやないや分からない国に対して「悪の枢軸」というレッテルを貼り、制裁するなどという主張は決して認めてはならない。(小出論文4項)

⇒拉致問題はどこ行った?日本人は北朝鮮の原爆で死んでもいいということでしょうか?


(例3)
・では、なぜ、朝鮮は文明国になるために必要な「原子力開発=Nuclear development」をしてはならないのか?(小出論文5項)

⇒北朝鮮の核開発は「文明国」になるためのものらしい。
文明国になろうというのなら政治犯収容所が何であるの?


他にも「朝鮮語の禁止」 「創氏改名」など極左のデマの博物館です。

-------

原発より遥かに危険な極左思想を潰しておく必要がありますね。。
長い闘いです。。。

Suica割さま
megumiさま
 日本の原発問題については、相当は基礎知識と教養がなければ議論できませんね。
 高校の物理では、なぜか原子力工学を習いません。ほとんどの日本人は、原子炉の仕組みについて無知です。ましてや、理系離れで物理を選択しないことが多いですから、プランク定数とか核融合とかいっても、ぜんぜんワカラナイでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/52146281

この記事へのトラックバック一覧です: 撃論 原発安国号 vol.2  特集:原発が支える経国済民 ■「脱・原発」は日本経済の破錠。筑波大学名誉教授、中川八洋:

« 大ヒット祈願 映画を契機に、山本五十六ブーム到来か? | トップページ | 日本人よ、いい加減に目を覚ませ! 民主党は朝鮮労働党日本支部である »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30