無料ブログはココログ

« ケインズ財政の破綻 (1979年) J.M.ブキャナン (著), 水野 正一 (翻訳), 亀井 敬之 (翻訳) | トップページ | 撃論 原発安国号 vol.2  特集:原発が支える経国済民 ■「脱・原発」は日本経済の破錠。筑波大学名誉教授、中川八洋 »

2011年7月 5日 (火)

大ヒット祈願 映画を契機に、山本五十六ブーム到来か?

http://www.cinematoday.jp/page/N0033350

前略

『聯合艦隊司令長官 山本五十六』は、米国日本大使館の勤務経験を持ち、日米の国力の差を誰よりも把握していた大日本帝国海軍の軍人・山本五十六の知られざる素顔を描く物語。戦争賛美の世の中において、次代を生きる子どもたちのためを思い戦った男たちの生きざまが感動を呼ぶ歴史スペクタクル超大作だ。(編集部・小松芙未)

映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』は12月23日より全国公開

(引用終わり)

 

 このブログをフォローされている方は、もうお分かりでしょう。

 そうです。

 映画のヒットを契機に、あの本が世間に注目されることを願っているのです。

 できれば、文庫本も出版して欲しいなあ・・・

中川八洋『連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪―亡国の帝国海軍と太平洋戦争の真像』

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: 弓立社 (2008/06)
  • ISBN-10: 4896678036
  • ISBN-13: 978-4896678031
  • 発売日: 2008/06
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ソ連と内通する米内光政大量戦死を“快楽”する山本五十六、祖国滅亡を計画した腐敗と狂気が渦巻く帝国海軍の全容と、かくされていた太平洋戦争の真像が、戦後六十三年を経て、いま初めて明らかにされる。今後、本書を抜きに現代史は語れない。
  •  

    « ケインズ財政の破綻 (1979年) J.M.ブキャナン (著), 水野 正一 (翻訳), 亀井 敬之 (翻訳) | トップページ | 撃論 原発安国号 vol.2  特集:原発が支える経国済民 ■「脱・原発」は日本経済の破錠。筑波大学名誉教授、中川八洋 »

    書籍・雑誌」カテゴリの記事

    コメント

    どうやら映画の宣伝文句を見ると、あの阿川弘之氏の「山本五十六」の内容とほぼ同じような内容のようですね。

    未だに山本五十六を賞賛する民族系論客を時々見かけますが、難しい分析をするまでもなく、その実像は「無能」「自国民大量殺人犯」「卑怯者」「臆病者」であったことなど、素人でも分かります。

    真珠湾攻撃の無戦果(空母撃沈ゼロ、石油タンク破壊ゼロ)、ミッドウェー海戦の奇妙奇天烈な指揮、ギャンブル依存症など、その無能・無責任・自国民殺人狂ぶりは、普通の思考回路を持った人なら誰でも分かります。

    この映画を機会に、山本五十六や米内光政などのトンデモぶりを逆に拡散します。


    megumiさま
     >>この映画を機会に、山本五十六や米内光政などのトンデモぶりを逆に拡散します。

     さらに、日本の歴史で最悪最大の国家反逆者ともいえる近衛文麿の実像も、大拡散しましょう。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/52130221

    この記事へのトラックバック一覧です: 大ヒット祈願 映画を契機に、山本五十六ブーム到来か?:

    « ケインズ財政の破綻 (1979年) J.M.ブキャナン (著), 水野 正一 (翻訳), 亀井 敬之 (翻訳) | トップページ | 撃論 原発安国号 vol.2  特集:原発が支える経国済民 ■「脱・原発」は日本経済の破錠。筑波大学名誉教授、中川八洋 »

    最近のトラックバック

    ウェブページ

    2017年10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31