無料ブログはココログ

« 野田佳彦には総理大臣になる資格があるか? | トップページ | 努力を礼賛する国としない国 »

2011年6月18日 (土)

安全で割がよいと思うなら自分で買え!

「個人向け国債」は本当にオトクな商品なのか?(ダイヤモンド・ザイ) - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110617-00000301-zai-column

国が発行する「個人向け国債」は、今回の発行分から10年物の利率の計算方法が変更になり、金利面での魅力が向上している。

 今回は「個人向け国債」の基本を改めて紹介するとともに、リニューアルの詳しい内容について見ていきたい。

■国が発行元で安全性が高いことが、「個人向け国債」のメリット

(以下略)

 十年物の国債を安全と断言するからには、2021年までに、日本国債の暴落が起こらないと信じていることになる。

 スズメの涙の金利で、向こう10年間リスクを背負ってまでして、私は買いたくない。

参考までに、

 http://www.kh-web.org/fin/

 


« 野田佳彦には総理大臣になる資格があるか? | トップページ | 努力を礼賛する国としない国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

まったく仰るとおりですね。

以前、仕事で某地銀の支店長と話をしていて銀行が保有している日本国債の話をしました。

私:「いつか国内で消化しきれなくなって暴落しますよね。銀行さん大丈夫ですか」 

支店長:「私もそう思っています。でも手放したくても(金融庁によって)売らせてもらえないんです。売ったら頭取のクビが飛びます」

これが現実です。


今は何とか無理矢理金融機関に買わせることで、国内で国債が消化できていますが、これが国内で消化できる限度を超えると、海外からの資金調達が必要になり、あっという間に金利上昇、国債暴落で日本経済終了です。


長期金利が単純計算で4%まで上昇すると利払いが税収を上回り、政府はデフォルト(ちなみに財務省の役人は3%でアウトと言っています)。

また、金利上昇に伴い国債価格が暴落するため国内の金融機関は評価損計上で自己資本比率アウト(債務超過になる銀行も続出)。


参考までに、現在「ヘリコプター・ベン」が中心となり行われている米国の究極の金融緩和の状態で米国債の利回りは3~4%。
日本国内の債券市場が如何に人為的に操作されているかが良く分かります。


デフォルトができないなら、日銀引受で無制限に国債を買い取らないといけなくなりますが、そうなった途端に円の信用暴落。キャピタルフライトが始まるでしょう。


実体経済を無視した、債務不履行逃れのための無制限な国債買い取りはは歴史が証明する通り、悪性インフレへの道です。

デフレに慣れ、悪性インフレの恐怖を実体験していない日本人が圧倒的多数になり、「インフレは善、デフレは悪」としか考えない人が多いのには困ったものです。

「国債を日銀が買い取れば解決」というトンデモ理論を繰り返す自称経済評論家には困ったものです。
    ↓
三橋貴明氏の発言(開始50秒目から3分目あたりまで)
http://t.co/eU58U5E
①インフレにして国民の資産を吹っ飛ばすのは仕方ない
②資産が無くなっても国民は文句を言わない

⇒皆さん、コツコツ貯めた貯金が吹っ飛ばされても文句言わないですかねぇ。。

megumi さま

はじめまして

>>私:「いつか国内で消化しきれなくなって暴落しますよね。銀行さん大丈夫ですか」 

>>支店長:「私もそう思っています。でも手放したくても(金融庁によって)売らせてもらえないんです。売ったら頭取のクビが飛びます」

→これこそ、企業の経済行為に対する、国家の過剰な介入ですね。全体主義国家ですね。


>>「国債を日銀が買い取れば解決」というトンデモ理論を繰り返す自称経済評論家には困ったものです。
    ↓
三橋貴明氏の発言(開始50秒目から3分目あたりまで)
http://t.co/eU58U5E
①インフレにして国民の資産を吹っ飛ばすのは仕方ない
②資産が無くなっても国民は文句を言わない

→このオッサンは、すごいバカなのか、確信犯のでデマゴーグなのか・・・おそらく後者だと思います。

保守イチロー様

コメントお返しいただいてありがとうございます。

確信犯&売文業者だと確信しております。
ケインズでさえ「雇用・利子および貨幣の一般理論」(第24章)で野放図な財政出動は否定しています。

三橋氏の理論が仮に正しければノーベル経済学賞モノです。

彼の詐術は至る所に垣間見えますので、経済が全く分からない人でも容易に分かるように、そのうちまとめて証拠付きで、ご報告いたします。

彼のような計画経済信奉者がチェンネル桜に出まくっていたり、自民党から参議院選挙に出馬したり、あるいは著書が本屋で平積みになっていたりするのを見ると、背筋が凍る思いがします。。。

日本の「保守」論壇、経済学者たちのレベルの低さに唖然呆然とする限りです。
腹がたつのを通り越して、悲しくなってきます。


(ご参考)
何があっても民主党の仕事は引き受けないと豪語する三橋貴明氏。
https://twitter.com/#!/TK_Mitsuhashi/status/79168085348720641
『何のこっちゃという感じです。わたくしはたとえ共産党の仕事を受けても、民主党の仕事は受けません。理由は気持ちが悪いからです。それにも関わらず、未だにこの手のことを言いふらす人たちにかける言葉はひとつしかありません。「暇ですね」』


彼がメンバーに就任している国家ビジョン研究会は代表世話人中西真彦氏が鳩山由紀夫氏と元々懇意であり、政策アドバイザー的な集団として発足。数ヶ月以内に法人化される予定(確認済)。

http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/1400952/

http://kokka-vision.jp/?page_id=4

megimiさま

 三橋の、一見頼りなさそうなルックスと、庶民的な口調が、これまたクセモノですね。

 学問的にどうこう以前に、お札をバンバン刷って中央銀行が架空?の国債を引き受けるならば、その国の通貨は国際的な信用を失うに決まっています。
 他の国がそういうことをしたら、「貴方はその国の通貨や国債を抱え込もうと思いますか?」ということです。
 
 三橋理論への批判は、「日本経済をボロボロにする人々」
http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/
が、とても詳しいと思います。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。


論理的思考力を無くしている三橋信者もご臨終でしょうか?

>三橋理論への批判は、「日本経済をボロボロにする人々」
http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/

私は最近、ここの三橋理論批判が面白くて、すっかりコメンテーターとして(笑)、常連になっています。

次のコメントを書きましたが、これでも訳の分からない反論をしてくる輩がいれば、再度書くつもりです。

そのうち、本丸(三橋氏本人のブログ)にも乗り込んでやります(一方的に削除されることが多いらしいですが、、)

----------------

三橋氏のように、言葉の定義をすり替える卑怯な方法は詐欺師の常套手段です。

普通、一般の人が聞いたら、ハイパーインフレ=悪性インフレだと感じると思います。そこを自分で勝手に、こういう時だけ学者(ケーガン)による定義を引用し、「年率13000%未満はハイパーインフレではない」と言い逃れをする。

現政権や原子力不安院、東電が今回の原発事故で、明らかな放射性物質の大量飛散があったにも関わらず「直ちに健康に害はない」と言い続け、実際は「直ちに害はない」が「中長期では害が出る可能性がある」と後から言い訳しているのと同じことです。


三橋氏の言説によるならば、年率12999%のインフレでも「ハイパーインフレではない」らしい。
そもそも、ハイパーインフレの定義自体に統一的、明確な基準があるわけでもなく、学者の定義よりも、より実務に近い国際会計基準では3年間で累積インフレ率が概ね100%(年率30%程度)以上をハイパーインフレとしていることなどについて三橋氏は一切言及しない。

ちなみに、ハイパーインフレ(悪性インフレ)とデフォルトは常識的に考えて同時にやってくる。

インフレ率の上昇=市中金利の上昇=政府の調達金利(国債の利払い)の上昇=国債の利払いが税収を上回る=デフォルト(国家破産)である。

このような事態への対応として日銀が国債を買い取ることを行うなら、もはや日銀は通貨供給量を調整する能力を失うことになり、さらに悪性インフレに拍車がかかることになる。それこそ、ハイパーインフレへの道であり、国民生活の破壊である。

こんなことは、常識的に考えて分かる話だと思うのだが『大きな嘘ほど民衆は疑わない』ということで、多くの大衆が騙されている。

三橋氏自身に罪があるのはもちろんだが、彼を凝りもせず登場させるチェンネル桜や、一緒に対談本を出す自称経済学者・評論家も罪が深い。

-------------

しかし、保守を自認するチャンネル桜にも困ったものですね。

民族主義=保守主義だと思いこんでいる人達が多すぎます。

彼らの主張は民族主義&統制経済礼賛であって、バークやハイエクに代表される保守主義ではありません。

愛国心はあっても、あまりにも無学すぎるため、正邪の区別がつかないのでしょう。

経済理論に限らず、ロシアの北方領土「防衛」と称した北海道への侵攻計画に対しても、ほとんど関心を示していません。

『ロシア:仏揚陸艦購入で合意 極東配備、北方領土を防衛』
http://mainichi.jp/select/world/news/20110618k0000m030108000c.html

こういうニュースを見たとき、

・日本領土であるロシアが「北方領土防衛」とは何様のつもりだ

・「揚陸艦」が何故必要なのか?

・「防衛」とはどこの国が北方領土に軍事攻撃を仕掛けてくると想定しているのか?

・中露から挟撃されたら日本終了か?

など、疑問に思わない方がどうかしていると思います。

残念ながら、現在の民族主義者たちは「反中」「反韓」「反米」しか頭に無いらしく、ロシアは想定敵国では無いようです。

北海道の知床半島の羅臼あたりに行って海を見れば分かるのですが、国後島なんて、本当に目と鼻の先です。

そこに「世界遺産・知床」があって、日本からすると完全な軍事的空白地帯、ロシアからすると容易な上陸地点であることに何ら危機感をもっていないのでしょうか?


「日本は核武装さえすれば安泰だ」(「自主防衛を急げ」伊藤貫・日下公人共著、李白社)程度の幼稚な認識しか無く、本当に困ったものです。

megumiさま

三橋貴明の、どれも似たような執拗なアジテーションだけの著書が本屋に平積みにされているのは、バックアップする組織があるのでしょうね。


>>「日本は核武装さえすれば安泰だ」(「自主防衛を急げ」伊藤貫・日下公人共著、李白社)程度の幼稚な認識しか無く、本当に困ったものです。

 これもまた酷い低レベルでしたね。本心は、日米安保解体ですね。
 伊藤貫の思想本籍についてはさておき、日下公人という人の議論は、いつも思いつきの域を出ません。

保守イチロー様 megumi様

中川先生も「地政学の論理」で強調しておりますが、中川先生以外の核武装論者は、モスクワや北京と通じている「眉唾もの」と看做してよいでしょう。最近、田母神が中共・北鮮そして「いやいやながら」ロシアを加えた「自衛隊・自主防衛」本を宝島社から出してますが、アリバイ作りミエミエのシロモノです。「反米」と「特亜叩き」は熱心でも、ロシアは何故かスルーか「批判ごっこ」程度の「保守」の知識人そして個人サイトは、「似非」「贋者」と看做してよいでしょう。

ストライクイーグルさま
 田母神の主張とは、要約すれば「雀の涙ほどの軍備増強をすれば、日米安保は不要である」ですからね。日本独自でロシアの軍事力に対抗出来るわけがないことくらい、小学生でもわかります。とくに、北海道はロシアに囲まれているともいえる状況であり、独自防衛などとは無茶苦茶もいいところです。

日下公人氏の本音は日米安保解体ではないと私は考えている。
むしろ言いたいことは、保守ごっこなどやめて、いかに独自性を維持するか考えなくてはならないという点でしょう。
グロテスクなまでの日米安保ただ乗り論からの解脱を勧め、バランスオブパワーに基づき物事を決断しなくてはならないという点で正しいと考えています。
国際政治学とりわけリアリスト派を学び、その上で独自の戦力強化をして、日米安保を強化するのなら話としてよいが、最初からアメリカありきの安保では成り立つものも成り立たない。

日下公人は論壇のイロモノでしょう。世界は江戸になるとか、少子化でも日本は大丈夫とか、わけがわかりません。

現在の保守派のほとんどがイロモノにやられまくる位の浅い思考の方ばかりだという事の方がよほど危機だと思います。
『自主防衛を急げ!』はいかに日本の保守というものが駄目か、日本政治が駄目かを知るには良い資料集になります。
その点でお買い上げするなら無駄な買い物ではないと言える一冊です。
その意味ではいい買い物したと思っています。

Suica割さま
 日下も伊藤貫も、チャンネル桜文化人です。『自主防衛を急げ!』を、わざわざ宣伝してあげるチャンネル桜も、どうかしていますよね。

日本は御花畑九条教や自虐教の力が強いですから、よしりんクラスでも保守が勤まる状況なのが無茶苦茶です。
米中露欧の各極を比べ、欧米としっかり手を握るべきという判断、その上で独自の外交防衛努力をし、手を組んだ勢力から、いいように振り回されないようにしなくてはならないという方針で外交防衛を組み立てる層の不足をなんとかしないことには、日本は駄目だろうと思います。
その意味で小澤や宗男ははなから話にならないし、現在の日米安保派の多くは本当は落第だが、周りがひど過ぎるからお情けで合格のレベルです。
本当にうんざりです。

ストライクイーグル様

特ア叩き中心主義になるのには訳があります。
まず、反日教育のメッカである事、声高に賠償と謝罪を要求し、その根拠が嘘だらけである事、しょうもないデモを繰り返したりとやたら目立つ事、特アの人々のやる事が余りな事、これらから記事を作りやすい事から、特ア叩き中心主義がはやっていると考えます。
本当は表立つことなく、圧迫してくるロシアにも注目しなくてはならないんですが、地味だから書きたがらなかったり、目立たないから、そこまで考えてなかったりする人達が多いのでしょうね。

割あわなくてもいいから、安全な資産を求めるなら、金などの貴金属を勧めます。
どんな時でも、一番使い出のある通貨を手に入れる事が可能です。
今の状況では、増やすより、減ってもいいから残す感覚で運用した方がよいように素人ながら思います。

Suica割さま
>>割あわなくてもいいから、安全な資産を求めるなら、金などの貴金属を勧めます。

 日本国債は、利子は滅茶苦茶に低いのに、危険はいっぱいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51977474

この記事へのトラックバック一覧です: 安全で割がよいと思うなら自分で買え!:

« 野田佳彦には総理大臣になる資格があるか? | トップページ | 努力を礼賛する国としない国 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31