無料ブログはココログ

« 都バス事業なんて民営化すればいいだろ | トップページ | 厚顔無恥 »

2011年5月27日 (金)

都合良い時だけ「憲政の常道」

民主議員の不信任案賛成で蓮舫氏「あってはならない」

2011.5.27 10:25  産経

 蓮舫行政刷新担当相は27日午前の記者会見で、民主党内で野党の内閣不信任案に同調する動きが出ていることについて「野党が提出したものに与党議員が賛成することは政党としてはあってはならない」と述べ、賛成した場合には厳罰で臨むべきとの考えを示した。

 同党の岡田克也幹事長も党所属議員が賛成した場合の対応に関し、除籍処分(除名)などの厳しい処分をとると強調している。

(引用終わり)

「野党が提出したもの(内閣不信任案)に与党議員が賛成することは政党としてはあってはならない」というのは、当然のことだ。賛成するなら、党を割って出なくてはならない。これは、「憲政の常道」である。

しかし、民主党こそ、「憲政の常道」を破りまくってきたのではなかったか?

都合のいい時だけ、「政党としてあってはならない」とは、虫がよすぎる。

 外国人でも党員やサポーターになれ、党首選挙の投票権がある民主党。

 外国人から政治献金を受け取っていた総理大臣と法務大臣。

 参議院議長なのに、民主党公認で参院選に出馬した江田五月。

 参議院議長経験者なのに、内閣のヒラ大臣に就任した江田五月。

 参議院選挙で落選したにもかかわらず、法務大臣職にしがみついた千葉景子。 

 国家予算の審議をするのは国会と定められているのに、事業仕分けとやらで予算案をいじくり回す民主党国会議員(枝野、蓮舫など)

 外国人地方参政権を推進する民主党。

「民主党のような反日極左集団は、政党として存在していてはならない。」

というならば、国語的には正しいといえるだろう。

 

 

« 都バス事業なんて民営化すればいいだろ | トップページ | 厚顔無恥 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中川八洋氏の新刊についての情報です。

平成の上杉慎吉こと小林よしのりの批判本は6月30日にオークラ出版から刊行予定だそうです。

題名は、小林よしのり「新天皇論」の禍毒、です。

 錬金術師さま
 貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございます。
 たかが漫画家ですが、ここまで執拗に皇室潰しを狙うとは、上杉慎吉と同じく確信的なアナーキストなのでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51784081

この記事へのトラックバック一覧です: 都合良い時だけ「憲政の常道」:

« 都バス事業なんて民営化すればいいだろ | トップページ | 厚顔無恥 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31