無料ブログはココログ

« 最大5割削減なんて温すぎる。最低5割を削減せよ。 | トップページ | 本音が多くて面白かった本 若林 亜紀『体験ルポ 国会議員に立候補する』 »

2011年4月29日 (金)

破綻するのが分かりきっている年金制度

初の60%割れの公算=10年度の国民年金納付率―厚労省

時事通信4月28日(木)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000126-jij-pol

厚生労働省は28日、2010年4月~11年1月分の国民年金の保険料納付率が、前年同期比0.8ポイント減の58.2%だったと発表した。10年度の納付率はこれまで全ての月で前年度を下回っており、最終的には、過去最低を記録した09年度の60.0%を下回る公算が大きい。6割を割り込めば、現行の年金制度が始まった1986年度以来初めてとなる。
(以下略)

 払った分が貰えないことが明らかなのだから、若い世代が年金を納付したがらないのは当然である。

 国の年金制度はただちに解体し、国民には一時金を支払うことで終わりににするしかないだろう。

 実質的に破綻しているた現状の制度を続ければ続けるだけ、大破綻した時の衝撃は激しいものとなってしまう。

参考文献:盛山和夫『年金問題の正しい考え方――福祉国家は持続可能か』(中公新書 2007年)

« 最大5割削減なんて温すぎる。最低5割を削減せよ。 | トップページ | 本音が多くて面白かった本 若林 亜紀『体験ルポ 国会議員に立候補する』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51519430

この記事へのトラックバック一覧です: 破綻するのが分かりきっている年金制度:

« 最大5割削減なんて温すぎる。最低5割を削減せよ。 | トップページ | 本音が多くて面白かった本 若林 亜紀『体験ルポ 国会議員に立候補する』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31