無料ブログはココログ

« 反共主義者とは、反・日本共産党の意味か? | トップページ | 破綻するのが分かりきっている年金制度 »

2011年4月26日 (火)

最大5割削減なんて温すぎる。最低5割を削減せよ。

東電、役員報酬最大5割削減発表 管理職は年俸の25%、一般社員2割

産経新聞4月25日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000602-san-bus_all

 東京電力は25日、すべての役員の報酬を40~50%、管理職の年俸を約25%、一般の社員の年収を約20%、それぞれ削減すると発表した。削減額は年間で計540億円となる。

以下略

 国からの補助がないなら、東電は倒産するしかないだろう。

 公的資金を受けるというなら、最低でも以下の条件を呑んでもらわなくては話にならない。

 

 都会にある社員寮の売却

 東京電力病院・東京電力総合グランドの売却

 企業年金全廃

 役員ポスト半減

 マスコミ対策の無意味な広告を全廃

 本業と無関係な子会社の整理  http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/group/index-j.html

 

 

 

 

« 反共主義者とは、反・日本共産党の意味か? | トップページ | 破綻するのが分かりきっている年金制度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51493585

この記事へのトラックバック一覧です: 最大5割削減なんて温すぎる。最低5割を削減せよ。:

« 反共主義者とは、反・日本共産党の意味か? | トップページ | 破綻するのが分かりきっている年金制度 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31