無料ブログはココログ

« 三流以下の大学を仕分けせよ | トップページ | これは酷過ぎる・・・『新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき』エドマンド バーク (著), Edmund Burke (原著), 佐藤 健志(翻訳) »

2011年3月 7日 (月)

前原誠司は、政界を引退しなくてはならない。

 在日韓国人からの献金問題で、前原誠司は外務大臣を辞任した。

 なにか、そこまでしなくても・・・のような同情論のようなものもある。

 焼き肉屋のおばちゃんは、我が子のように思っていたから違法とは知らずに献金していた・・・などと、三流メロドラマみたいな論調もある。

 岡田幹事長は、金額も少ないからなどと言って前原を擁護している。

 菅総理も、慰留したそうである。

 とんでもないことだ。

 一般社会のルールと、政治家に課せられるルールとは、根本的に違うのである。その世界には、その世界なりの鉄の掟があるのだ。可哀そうとかいう、情緒的な要素は微塵も介入してはならない問題である。

 たとえば、プロ野球選手が、野球賭博のために八百長をしたり、チーム内の情報をリークしたら、球界を永久追放になる。(黒い霧事件)

 科学者が、架空のデータを用いて論文を発表してバレたら、現在の職を失うだけでは済まず、学界からは永久追放される。

 外国勢力から故意にカネをもらうことは、政治家にとっては最も重い罪であり、政界引退に相当する。外務大臣かどうかなんて、基本的には無関係だ。これは、憲政の常道であり、世界共通である。

 ここで、前原誠司が国会議員として居座るならば、外国からカネを貰ってバレても、議席を失わなくてよいという前例ができてしまう。

 なお、刑事責任と政治責任は、別の問題である。

 刑事責任ということなら、検察から起訴されて、三審制で判決が確定するまでは責任は生じない。ましてや国会議員なら、会期中には不逮捕特権があるから、刑事責任が確定するのはかなり遅れることになるだろう。

 しかし、政治責任は、本人が参議院予算委員会という公的な場で罪を認めた以上、そのまま本人に直撃する。よって、現時点で、前原誠司は、衆議院議員のポストを返上しなくてはならない。

 

  

 

« 三流以下の大学を仕分けせよ | トップページ | これは酷過ぎる・・・『新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき』エドマンド バーク (著), Edmund Burke (原著), 佐藤 健志(翻訳) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51060346

この記事へのトラックバック一覧です: 前原誠司は、政界を引退しなくてはならない。:

« 三流以下の大学を仕分けせよ | トップページ | これは酷過ぎる・・・『新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき』エドマンド バーク (著), Edmund Burke (原著), 佐藤 健志(翻訳) »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30