無料ブログはココログ

« 石原慎太郎への悪意をギラつかせる毎日新聞 | トップページ | 堕ちるところまで堕ちた WILL最新号(5月号) 小林よしのりの本家ゴーマニズム宣言/八木秀次様さまのY談-月刊誌【正論】4月号「ゴーマニズムの名が泣く」への反論 »

2011年3月27日 (日)

いまでも民主党を支持する科学者って、一人でもいるのだろうか。

平成版「米百俵」とも言える日本を代表する科学者たちの発言は、きわめて貴重なので、われわれはずっと覚えて、後世に遺そうではありませんか。

このような政策を掲げる政治家は、明確に日本の敵であり、選挙をもってして、政界から放逐しなくてはなりません。

以下は、東京新聞の記事

行政刷新会議の事業仕分けで科学技術関連事業に厳しい判定が相次いだことを受け、
日本を代表する学者や研究者が二十五日、「国の目指す科学技術創造立国とは逆向き」「想像を絶する事態だ」などと反論した。 

 ノーベル賞を受賞した江崎玲於奈、小林誠、利根川進、野依良治の各氏と、
数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞を受賞した森重文氏が、東大でそろって記者会見して共同声明を発表した。

 小林氏は「
個々の事業のネガティブな面だけとらえて結論を出すのは非常に短絡的。
『科学技術で世界をリードする』との現政権の方針と整合性がなく理解できない」と批判した。

 森氏は、二十五日の仕分けで「見直し」となった国立大学法人運営費交付金の重要性を強調。
科学におけるブレークスルー(進歩)の芽と人材を育てる上で大切だ」と拡充を要望した。

 利根川氏は、研究拠点の米国でオバマ政権が科学技術を重視している現状を紹介。
次世代スーパーコンピューター開発にも触れ
「世界一を目指さなければ二位にも、三位にも入れない」と訴えた。

 野依氏も「
科学技術予算を減らすのは論外。むしろ倍増しなければならない。
優れた研究者も優れたインフラがなければ力を発揮できない
」と険しい表情で強調した。

 一方、新型万能細胞(iPS細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授も二十五日、
iPS特許に関する記者会見で「iPS細胞は十年間支援していただいて幸運にも花開いた成果の一つ。
十年前にどの研究が特許につながるのか言い当てるのは不可能。
もともと日本の科学研究費は欧米より少ないのに、さらに下げるのは想像を絶する」と訴えた。

(引用終わり)

 生活保護の老齢加算をなくすのは憲法違反だとか言って裁判を起こした連中とか、俺たちのもスト権をよこせとか訴える国家公務員系労組活動家などとは、人間性の格調があまりにも違いすぎますね。

« 石原慎太郎への悪意をギラつかせる毎日新聞 | トップページ | 堕ちるところまで堕ちた WILL最新号(5月号) 小林よしのりの本家ゴーマニズム宣言/八木秀次様さまのY談-月刊誌【正論】4月号「ゴーマニズムの名が泣く」への反論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51219329

この記事へのトラックバック一覧です: いまでも民主党を支持する科学者って、一人でもいるのだろうか。:

« 石原慎太郎への悪意をギラつかせる毎日新聞 | トップページ | 堕ちるところまで堕ちた WILL最新号(5月号) 小林よしのりの本家ゴーマニズム宣言/八木秀次様さまのY談-月刊誌【正論】4月号「ゴーマニズムの名が泣く」への反論 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31