無料ブログはココログ

« 菅直人と前原誠司の外国人献金問題こそ、民主党を解体に追い込む切り札。 | トップページ | 歳入が確定しないのに歳出だけは決める無責任政府。 »

2011年3月29日 (火)

もっともわかりやすかった原発の解説

【三井田孝欧】本当は何が起こったのか?福島原発[桜H23/3/28]

http://www.youtube.com/watch?v=OLGjdnbAjGI&feature=channel_video_title

 法学部卒の弁護士でもある枝野幸男官房長官は、物理学の基礎知識がなさすぎる。

 最低でも高校レベルの物理をしっかりおさえていなくては、原子力工学の話を聴いても理解するのは難しいだろう。

 自分でもよくわかっていない事柄を他人に説明するのであるから、誰にも理解できない。

 原子炉の細かいことは、専門家に任せるしかないだろう。

 政治家ならば、今後の復興についてどういう青写真があるのか、被災者の暮らしをどうするのか、失業対策をどうするのか、電力供給をどうするか、石油や食料の備蓄をどうするかなど、優先的にやらなくてはならない問題が山積している。

 テレビに出ることだけが、官房長官の仕事ではないだろう。

 

« 菅直人と前原誠司の外国人献金問題こそ、民主党を解体に追い込む切り札。 | トップページ | 歳入が確定しないのに歳出だけは決める無責任政府。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51242841

この記事へのトラックバック一覧です: もっともわかりやすかった原発の解説:

« 菅直人と前原誠司の外国人献金問題こそ、民主党を解体に追い込む切り札。 | トップページ | 歳入が確定しないのに歳出だけは決める無責任政府。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31