無料ブログはココログ

« 民主党が都知事選から撤退 | トップページ | 日銀の国債引き受けは、日本経済の終焉。 »

2011年3月24日 (木)

がんばれ自民党 子ども手当を潰せ!

<子ども手当>つなぎ法案に自民が反対方針

毎日新聞 3月23日(水)20時47分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000119-mai-pol

民主党の岡田克也幹事長と自民党の石原伸晃幹事長が23日、国会内で会談し、石原氏は10年度の子ども手当法を6カ月延長する「つなぎ法案」に反対する方針を伝えた。自民党内の一部には東日本大震災を受けて容認論も出ていたが、執行部は「子ども手当を凍結し、震災対策に回すべきだ」との主張を変えなかった。民主党は25日につなぎ法案を衆院通過させ、年度内成立を目指す。参院で否決された場合は、共産党などの協力で衆院で再可決する構えだ。
(以下略)

 震災の復興には、20兆円以上かかるのは確実である。

 東京電力が限度を超えた巨額の補償金を支払うことになりそであり、結局は国が払うことになるだろう。

 震災復興の特需を期待するという人たちもいるようだが、そこに投入するカネは外国から稼いだものではない。

 今回の大震災+原発事故をモロに受けた日本国を、自分の持ち家に喩えたらどういうことか考えてみればよい。

 つまり、自分の家が災害で半壊して、自腹を切って修復するだけのことだ。

 土建屋は儲かるのかもしれないが、そのお金を支払うのは家主である自分だ。

 貯蓄があれば、それを取り崩して支払う。そして、手元にカネがなければ、金融業者から借りて、利子をつけてローンで返済しなくてはならない。

 つまり、「自分」は、大損するだけである。

 土建屋が儲けるからいいじゃないかというのも、バカげた話だ。

 この災害による被害ながなければ、そのお金で自宅を増築することだって出来たかもしれないのである。

 日本国でいえば、このたびの災害による被害がなければ、他のインフラ(学校の耐震化、リニアモーターカー、羽田空港の拡張など)にお金を回せたのである。

 日本国は、想定外の大出費を強いられることになったのである。

 こんなときに、子ども手当をまっさきに停止するのは当然であろう。

 共産党を連携してまで子ども手当を継続しようとする民主党とは、日本国の財政破綻をまっすぐに狙っているのだろう。

« 民主党が都知事選から撤退 | トップページ | 日銀の国債引き受けは、日本経済の終焉。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党、天下りしてきて、ぬくぬくと偉そうにするな!福島県民のために自首しろ!人に危害加えといて、政治に参加するなんてありえないだろ?三兆円も無駄に国民の税金、遣って、さぞかし楽しかったかい?早く原発の隠蔽工作までしてないで解散しろ。この役立たず!!原発作れ言って責任もとれんグズが!お陰様で地球全体がパニックです、人の命より金ですかい?子供手当も被災者の為ならと無くなっても仕方ないが、自民党が親権握ったらまた天下りの繰り返し、被災者に渡らず、彼らの思う壺ですね

あっ!文字打ち間違えました、親権ではなく、政権ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51200110

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ自民党 子ども手当を潰せ!:

« 民主党が都知事選から撤退 | トップページ | 日銀の国債引き受けは、日本経済の終焉。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30