無料ブログはココログ

« もっともわかりやすかった原発の解説 | トップページ | 日米同盟の深化こそ、日本の生命線 »

2011年3月30日 (水)

歳入が確定しないのに歳出だけは決める無責任政府。

2011年度予算が成立、特例国債法は依然見通し立たず

http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=JAPAN-203169&cc=03&nt=00

[東京 29日 ロイター] 衆議院の横路孝弘議長は29日夜の本会議で、一般会計総額92兆4116億円の2011年度予算案の成立を宣言した。

中略

 参院は同日の予算委員会、本会議ともに野党の反対多数で否決したが、すでに可決している衆院の議決が憲法上優先されるため、両院協議会を経て年度内に成立することとなった。ただ、自民党など野党側は予算組み替えによる復興原資の確保が先決だと難色を示しており、予算執行の柱となる国債発行を認める特例公債法の成立は依然としてめどが立っていない。新規国債発行額は44兆2980億円と政府が財政再建目標と掲げた「前年度並み」を確保したが、東日本大震災の発生で数回にわたる補正予算策定の必要性が既に指摘されており、前年度を上回る巨額の財政出動がほぼ確実となっている。目先の復興財源となる予備費は一般で3500億円、経済対策で8100億円の計1兆1600億円。

(引用終わり)

新規国債発行額は44兆2980億円と政府が財政再建目標と掲げた「前年度並み」を確保

→それはなにかのギャグで言っているのか???

 あまりの能天気さは、

 週刊東洋経済でさえ、今週(2011年4月2日号)の特集は、

国債暴落を回避せよ

過去20年、どうにかクラッシュを回避してきた日本経済。だが、もう猶予はない。国債暴落のXデーが迫っている。

http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/toyo/

 

 近いうちに国債が暴落したら、経済も人心も未曾有の大混乱を呈し、もはや復興どころではなくなるだろう。

 

« もっともわかりやすかった原発の解説 | トップページ | 日米同盟の深化こそ、日本の生命線 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

反共は最低限のモラルです。

1億人を超える自国民の大虐殺を引き起こし、それを正当化させる共産思想とは、正しく「悪魔の教義」に他なりません。

上の品位が完全に欠落したコメントにも共産主義者の姿が如実に晒されています。

本当に救いがたい鬼畜下賎の輩です。

全く持って其の通り!左翼・極左が「エロ・グロ」と相性の好い「鬼畜」以下のクズである事は、説明不要です。こんな奴等は殲滅あるのみです!長くて苦しい戦いになりますが、兎に角頑張ってまいりましょう!

 いちばん上のコメントは、あまりに下品なので削除しました。
 共産主義者を自称するなら、キューバや北朝鮮あたりにでも亡命してほしいですね。スパイ扱いされるかもしれませんが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/51249050

この記事へのトラックバック一覧です: 歳入が確定しないのに歳出だけは決める無責任政府。:

« もっともわかりやすかった原発の解説 | トップページ | 日米同盟の深化こそ、日本の生命線 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31