無料ブログはココログ

« 与謝野馨の離党、入閣へ | トップページ | 蓮舫氏留任、都知事選「可能性低くなった」 関係者落胆 »

2011年1月14日 (金)

SAPIO (サピオ) 2011年 1/26号 小林よしのり「国防論」

これは、一読に値すると思う。

小林よしのりの国語能力が、見事に露呈されているからだ。

 仙谷官房長官の「自衛隊という暴力装置」発言には、反自衛隊のイデオロギーが含意されていると判断されたから問題発言とされたのであって、ただそれだけの話である。

 しかし、小林よしのりの国語力では、それが全く読みとれない。

 要するに、

・自衛隊や警察が暴力装置なのは当たり前で、そんな発言程度のことでホシュの連中はガタガタ騒ぐな。

・暴力装置そのものに良いも悪いもないのである。それは、使い方次第で良くも悪くもなるものであって、わしは以前から、「自衛隊は暴力装置」だと言っているのだ、文句あるか!

 

 という論調になって、一話完結してしまう。

 保守系論客の主張を勝手につくって、それを批判するという。まったくの一人相撲である。

 べつに取材もしなくてよいから、お手軽なネタであった。

 はっきりいって、国語読解力は「御坊茶魔」や「東大通」よりはマシかもしれないが、せいぜい小学校高学年以下だと思う。

  この程度の基礎学力では、網羅的に学術文献を読みこなすことや、学問上のディスカッションなど、できるわけがないのは明らかである。

   

« 与謝野馨の離党、入閣へ | トップページ | 蓮舫氏留任、都知事選「可能性低くなった」 関係者落胆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

仙谷の「暴力装置」発言は明らかに自衛隊に対する差別だと文脈から読み取れます。

要は「文民が自衛隊の全てを支配しないと暴走する」と仙谷は考えている訳です。

それを批判しないで仙谷を擁護しているのだから話になりません。

要は「単語」しか見ていない阿呆が小林よしのりです。

「サピオ」も、体の左半分が「週金」「論座」「現代」と化し、ようやく右半分で「保守もどき」=民族派とノンポリが雑居の状態で、最早、「保守」ではなく、「愛国の衣を纏った週刊金曜日(金正日?)」で、其れが祟って赤字状態。廃刊も時間の問題でしょう。

仙石の発言に端を発した「暴力装置」論議は、似非知識人の間では「マックス・ウェーバー」が言ったの言わないのという愚かな論争に陥っていました。

錬金術師殿の指摘されるように、「仙石から発せられた」という事実、そしてそれが発せられた文脈を見れば、これが「自衛隊(日本の軍隊)」というものに対する「侮蔑」であり「嫌悪」であることは明らかであって、その点が問題なのです。

また、マックス・ウェーバーが言っていようがいまいが、我が国の軍隊を「暴力装置」などと形容することは到底許されないでしょう。
「暴力装置」という日本語に、ネガティブな印象や意味合いが含まれる事は、小学生水準の知性があれば分かることです。
こういった「正常な感性」を失い、言葉遊びに踊る「自称知識人」は、オルテガの言うところの「大衆」に他ならないでしょう。

小林よしのりの国語力というのは、文字が読み書きできる、日本語の日常会話ができるというレベルですね。滅茶苦茶な論法で世論をかき回すのを、止めて欲しいです。
 それにしても、それを容認している「SAPIO」の編集者というのも、わざとでなければ、その程度の学力なのでしょうね。

言い忘れてましたが、仙谷の件より「信者」の話の方が笑えませんでしたか?

あんなの読んで「よし!信者と言われても気にしないぞ!」と考える奴がいるんですかね。

そんなのがいたら怖いですね(笑)。

そう考える事が信者の証ですから。

錬金術師さま
 「信者」は、あまりにもバカバカしくて、笑えませんです。ああいう書き方をすること自体、ゴー宣があまり売れてない焦りなのでしょうかねえ・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50586824

この記事へのトラックバック一覧です: SAPIO (サピオ) 2011年 1/26号 小林よしのり「国防論」:

« 与謝野馨の離党、入閣へ | トップページ | 蓮舫氏留任、都知事選「可能性低くなった」 関係者落胆 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31