無料ブログはココログ

« 代議士の土下座 | トップページ | 「夫婦別姓を認めないのは違憲」5人が初提訴へ »

2011年1月 6日 (木)

菅内閣への評価は、「合格点」 by 経団連会長

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110105-00000093-jij-bus_all

 

尖閣諸島問題については、なんと、中国共産党を擁護しているのであった。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1564101.html

 

いちおう財界トップに登りつめられたのであるから、

松下幸之助「道をひらく」

藤原 銀次郎「私の経験と考へ方」

土光 敏夫「土光敏夫 信念の言葉」

のような、若い人向けの「啓蒙書」を,是非とも執筆していただきたいものだcoldsweats02

« 代議士の土下座 | トップページ | 「夫婦別姓を認めないのは違憲」5人が初提訴へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

遅まきながら、明けまして御目出とう御座います。又、ブログ開設から一年、御目出とう御座います。
今年も何かと大変な年になりそうですが、愚民主と其の政権を打倒して自民党を与党に復帰させ、民族派も含めた左翼・極左を完全一掃しつつ、

①男系皇統の絶対護持
②出生率の劇的回復・大向上
③アメリカとの同盟関係の維持
④財政の赤字を解消し再建
⑤治安・諜報も含めた国防体制の弛まざる拡充
⑥真の教育再建
⑦デモクラシーの制限

以上を目指して、其れこそ「最後の砦」の積もりで大いに頑張って参りましょう。

「財界」の「節度無き政治介入」や「倫理・道徳無き無責任な商売本意」を看過してはならないでしょう。

先の大戦時の我が国にもそういった背景が在りましたし、ナチスドイツの隆盛にも「財界」が強く関与しております。

「財界」の主張する「資本主義」「グローバリゼーション」「自由経済」が、目下の如き「野放図で無責任・不道徳な商売」を意味しているならば、我々は「真正自由主義」の下で、これと対峙していく必要があります。

「商い」の為に、「領土」「自存」「自尊」を捨て去る愚劣と卑賤に居直るなどとは、薄弱にも程があるというものでしょう。

ストライクイーグルさま
 貴殿の挙げられた7項目には、全面的に賛同いたします。頑張りましょう。

真正保守さま
 財界トップの人材は、昭和後期と比べても、かなり矮小化していますね。天下国家のことについては、普通のサラリーマンと、なにもかわらない目線しかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50504338

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣への評価は、「合格点」 by 経団連会長:

« 代議士の土下座 | トップページ | 「夫婦別姓を認めないのは違憲」5人が初提訴へ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31