無料ブログはココログ

« フェミニストの大御所 山田昌弘『「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま』 | トップページ | 菅首相:国内のカネ余り状況や財政健全目標で金利低い状況続く-答弁 »

2011年1月31日 (月)

いまどきマルクスが流行っている現実

『マルクス入門』 (ちくま新書) 今村仁司 筑摩書房 (2005/05)

 マルクス主義が大きく後退した現在の状況下で、今あらためてマルクスを読みなおす意義はあるのだろうか。『資本論』をはじめとする主要書を再度きちんと読みこむことでとろえられるマルクス像は、哲学においても、経済学においても、あらゆるイデオロギーを批判して、無神論の位置につねにたとうとする姿であった。既存のマルクス像から自由になり、マルクスの新しい可能性を見出すための最良の入門書。

『若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)』 内田樹 石川康宏 かもがわ出版 (2010/6/18)

マルクス初期の五つの著作をめぐる往復書簡。マルクスを読むと自分で問題を解決しようという意欲がわくこと、抑圧される人々へのマルクスの熱い思いを共感してほしいことなど、マルクスを読むことの意味を若い人びとに説きます

『私のマルクス』 佐藤優 文藝春秋 (2007/12)

「この時代に私は本気で本を読み、他人と話し、考えた」。鬼才・佐藤優の根幹を形成した若き日の回想。

『マルクスる?世界一簡単なマルクス経済学の本』 木暮太一 マトマ出版; 改訂新版版 (2010/04)

今までになかった驚きの分かりやすさ!世界一やさしいマルクス経済学の教科書。

超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)  的場昭宏 祥伝社 (2008/4/23)

教育を受けた若者が、定職もなく街にあふれ、庶民のなけなしの預金は減る一方。景気が伸びても、給料は上がらず、物価だけ上がった。悲しいかな、これが、資本主義の本当の顔である。『資本論』をいったん遠くに放り投げた日本人は、いま再び拾い上げ、ページを開く必要に迫られている。この書には、剥き出しの資本主義が、驚くべき洞察で描かれている。資本主義の実態は、二一世紀になっても何ら変わっていない。今回、待望の『資本論』第1巻の超訳をお届けする。どうか、大著のエッセンスを味わってほしい。

マルクスという生き方 (新人物往来社文庫)  林信吾 新人物往来社 (2010/12/8)

二十世紀、もっとも影響力を持った思想家の一人、知の巨人カール・マルクス。ドイツ生まれの経済学者、哲学者、ジャーナリスト、革命家であり、資本主義経済を分析し、エンゲルスとともに新しい歴史観、共産主義思想を生み出す。『共産党宣言』では世界の労働者に団結を訴え、『資本論』では資本主義経済の基本的内容を明らかにした。マルクスはその人生を通じて、人間や社会をどのようにとらえ、何を訴え、何を成し遂げたかったのだろうか。今までのマルクス像を横に置き、彼の人生の軌跡と主要著書を丹念に追ってゆく先に、現在の経済と社会のありように向き合う「思想」が見えてくる。

『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』 池上彰 集英社 (2009/6/26)

池上彰が講義で解説。『資本論』がわかる!
世界的大不況の中、資本主義のあり方が問われ、国内外でマルクスの『資本論』が見直されている。この難解な書を、ジャーナリスト池上彰が、高校生を前に実際に講義で解説した、わかる『資本論』の決定版!

『労働者の味方マルクス―歴史に最も影響を与えた男マルクス』橋爪大三郎 現代書館 (2010/11)

 アタマのオカシイ奴が多すぎる!!

 マルクス主義にいったん感染してしまえば、逃れることは非常に難しい。

 ソビエト連邦の崩壊を目の当たりにしても、「あれはやり方が悪かっただけで、マルクスは正しい」となってしまう。

 これは、マルクスが、ヘーゲルの「弁証法」を取り入れているからある。

 テーゼがあって、決定的な批判(アンチテーゼ)をされても、それを含めてジンテーゼになって、新たなテーゼになってしまう。

 つまり、批判をされて失敗が明らかになっても、すべては「各論」になってしまうのである。だから、マルキストたちが健全な思想に転向することは、まずないのである。

 もちろん、世間の目を欺くために、世渡りのために、「保守に転向」したフリをしているのもたくさんいる。

 注意すべきは、保守系も目されている人々でも、元共産党員や元共産主義者だった人たちの言説は、よくよく読めば共産主義思想が残っている。だからこそ、無意識のうちに共産主義者と同調してしまうのであり、「保守主義者」とは対極の存在になってしまうのである。

  

 

  

« フェミニストの大御所 山田昌弘『「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま』 | トップページ | 菅首相:国内のカネ余り状況や財政健全目標で金利低い状況続く-答弁 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コンピュータでいう、無限ループなんですよね。
弁証法ってやつは。

論理によって、それを抜ける事はできず、
外部からの「割り込み」で抜けるというのが、
コンピュータ科学からの知見です。

ようするに、ぶん殴られれば正気にもどる、と。

昨今のマルクスブームは戦前のそれを彷彿とさせますよね。

「ハイエク入門」の様な本が殆ど出ないのは、自称知識人達がノンポリ達を洗脳しようと必死なのでしょう。

うまやどさま
錬金術師さま
 マルクス主義からの転向は、まず無理ですよね。
 オルテガやジョージ・オーウェルのような、超一流の頭脳と意志を持っていれば別ですが・・・

東京都による漫画・アニメの規制強化が話題になっていましたが、「マルクス思想」の害毒は、それらの比では有りません。

何せ世界中で「1億人に及ぶジェノサイド」を引き起こし、今尚殺戮を続けている文字通りの「悪魔信教」なのです。

石原慎太郎も、先ずこちらの方を規制すべきでしょう。

其れとルソー・マルクス教の信者は、「エログロ大好き」な連中と仲良しですね。「女性の権利を!尊厳を!」とガナリ立てるフェミ連中が「猟奇・変態モノ」に寛大どころか擁護するのも、そういう事ですね。何故、「保守・愛国」を自称する者(特にネット系)が、件の条例に反対するのか。ルソー・マルクス教(狂)徒の「役に立つ白痴の共犯者」と化してるのが、特にネット系の「保守・愛国」の実態です。「アキバなオタク保守」では左翼・極左(そしてハートランド)に勝てません。

真正保守さま
ストライクイーグルさま
 
 なによりも怖いのは、反社会的な思想の蔓延でしょうね。法律で取り締まることも難しいですから。
 「働いたら負けだと思う」「子供を産みたくない」「ナンバーワンよりオンリーワン」「ぼくたち地球人」などという若者が激増すれば、日本はまっしぐらに滅亡するしかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50730008

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきマルクスが流行っている現実:

« フェミニストの大御所 山田昌弘『「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま』 | トップページ | 菅首相:国内のカネ余り状況や財政健全目標で金利低い状況続く-答弁 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31