無料ブログはココログ

« 日本郵便、新卒採用12年度中止 亀井前大臣の「正社員化」と矛盾 | トップページ | SAPIO (サピオ) 2011年 1/26号 小林よしのり「国防論」 »

2011年1月14日 (金)

与謝野馨の離党、入閣へ

私は昨年の参議院選挙で、「たちあがれ日本」に投票した。

与謝野馨の離党は、明らかに有権者への背徳行為だろう。

ここで離党するくらいなら、共同代表になるべきではない。

たしかに、一昨年の衆院選東京一区では、与謝野馨は海江田万里に負け、比例復活した。

次回の衆院選では、現職閣僚の海江田には、勝つ自信がないのだろう。「たちあがれ日本」では、比例復活も見込めない。

普通に考えて、菅政権での主要閣僚ポストだけでなく、次回衆院選での民主党比例単独一位が確約されているのだろう。

与謝野馨が、平沼グループの自民党合流を阻止するための工作員であったという噂が、俄かに信憑性を帯びてきた。

 「たちあがれ日本」の国会議員5人と、平沼グループの城内実は、自民党と合流するべきだと思う。新自由クラブが先例であるように、ミニ政党ではなにもできないのは明らかだ。昨年の参議院選挙で、民主党の議席を激減させたことにおいて、「たちあがれ日本」の歴史的役割は終わったのだろう。

« 日本郵便、新卒採用12年度中止 亀井前大臣の「正社員化」と矛盾 | トップページ | SAPIO (サピオ) 2011年 1/26号 小林よしのり「国防論」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

菅改造内閣を見ると、相も変らず「前科者」「ゲバ学生上がり」「帰化人」の巣窟です。
これが我が国の内閣布陣だとは、性質の悪い冗談です。

与謝野氏について云々は在りますが、要するに「消費税を含めた増税内閣」です。
菅の言う「大きな政策」とは「消費税増税」を含めた「メガ増税」であってそれ以外では在りません。

問題なのは、「歳出の見直し=社会保障費の削減」は行わず、不見識、短絡的にばら撒き福祉とばら撒き財政に浪費されてしまうという点に尽きるでしょう。

真の意味での「財政健全化」をしないのであれば、これは「不況推進政策」「世代間格差拡大政策」に他ならず、正真正銘の「亡国政策」です。

最早、このような愚劣な輩を論評することは無意味なのでしょう。
一刻も早く民主党を退場させなければなりませんね。

真正保守さま
 この内閣が、長くはもたないのは誰の目にも明らかでしょう。
 ただでさえ、子供の扶養控除がなくなりますから、事実上の増税です。バラマキにすらならないのですから、さすがに民主党政権の命運も、ほどなく尽きるでしょう。それを、一日でも早めることが大事だと思います。
 
 朗報としては、レンホウが都知事選には出馬しないと明言してくれたことです。
 民主党は、都知事選に候補者を擁立できないでしょうね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50578064

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野馨の離党、入閣へ:

« 日本郵便、新卒採用12年度中止 亀井前大臣の「正社員化」と矛盾 | トップページ | SAPIO (サピオ) 2011年 1/26号 小林よしのり「国防論」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30