無料ブログはココログ

« フェミニズム用語を駆逐せよ | トップページ | 文藝春秋 『日本の論点2011』① »

2010年12月 2日 (木)

国会延長せず3日閉会、郵政法案は継続審議に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101201-00001092-yom-pol

政権内での、国民新党の影響力が低下したということですな・・・

7月の参議院で議席ゼロなら、それはそうなるだろう。

民主党や社民党と連立を組むというだけで、売国政党であることはすでに見透かされている。 

とはいえ、選択的夫婦別姓と外国人参政権に、本心はどうだか知らないが、いちおう反対して閣内不一致にした功績は認めてあげよう。

しかし、それだけのディスポーザブル・ミニ政党であった。

つぎの衆議院選挙で、壊滅は必至であろう。

 なお、無駄の極致ともいえるアクアラインを推進した亀井静香とは、もっともっと糾弾されてよいのではないだろうか。

 陸続きなんだから、木更津と川崎を大がかりなトンネルで結んだところで、需要なんてあるわけがない。莫大な大赤字を積み重ねていくだろう。

 通行止めにすることも本気で検討してみては?

« フェミニズム用語を駆逐せよ | トップページ | 文藝春秋 『日本の論点2011』① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

支持率は気にしないと言いながら、支持率浮揚の為の時間稼ぎ「休養」時間にやるおが目的でしょうから「延長」など考えても居ないでしょう。
テレビ屋に「依頼」しまくってるんじゃないでしょうか?国家・国民なんて頭の隅にも有りません。

小泉政権において惜しまれる事は、この「郵政改革へのこだわり」です。

もっと優先して進めるべき政策があったにも関わらず、「郵政改革」に時間と労力を割かれたことは、返す返すも惜しいところです。

今では完全なる「タブー」「聖域」となった感のある「社会福祉費用」の削減を行った(行えた)、小泉政権の「奇跡」を何とか再現しなければならないのですが・・・。

度々失礼したします。

いやはやマムシの亀井はなかなか死にませんね。

郵政、通常国会成立を確認=衆院再可決も視野-首相と亀井氏
2010/12/02-19:43 時事通信

 菅直人首相は2日午後、首相官邸で国民新党の亀井静香代表と会談し、今国会での成立を見送り継続審議とする郵政改革法案について、来年1月召集の通常国会で成立させることを確認した。一方、民主党の岡田克也、国民新党の下地幹郎両幹事長は同法案に関し、2011年度予算成立後の来年4月中の成立に向け努力するとした合意文書を交わした。
 首相と亀井氏の会談では、今後の政権運営についても意見交換。亀井氏は会談後、「社民党は(仙谷由人官房長官らへの)不信任決議案に反対してくれた。一番頼りにできるところを信頼して政治をやるという点で、(首相は)私と意見が一致している」と記者団に述べ、社民党の協力を得て衆院で法案の再可決に必要な3分の2以上の勢力を固め、政権安定を図るべきだとの考えを強調した。 
 また、合意文書では、郵政法案採決の際の衆院再可決を念頭に、「憲法に基づいた手続きを視野」に入れると明記。連立政権の強化のため、両党首による月1回の定例会合を行うことなども盛り込んだ。

 亀井静香の権力への執念は、超一流ですね・・・
 総選挙があっても、国民新党の他のメンバーはともかく、この人だけは落選しそうにありません。

 シコウさま
v問題が山積しているのに、あっさりと国会を閉幕してしまうことを、マスコミは問題視しませんね。
 また、支持率が低下しまくっているのに、マスコミは解散しろとは言わない。露骨な民主党擁護はなくなったようでいて、巧妙に政権の延命を狙っていますね。

 真正保守さま
 福祉予算の削減については、小泉純一郎総理が頑張りました。その割を食って、マスコミの執拗な攻撃により短命政権におわったのが、安倍政権でしたか・・・

>シコウ殿

このまま「延命」を続ければ、民主党政権には「次はありません」。
それを解っていて延命に血眼になっている・・・。

これはつまり、残り任期の間に「亡国法案の成立を絶対に行う」という宣誓のようなものです。
勿論この決定打が「外国人参政権」であることは言うまでもありません。

そうですね・・・日一日と日本が凋落への道を辿っていく様な焦燥感に襲われます。

 外国人参政権とは、その言葉からして矛盾していますね。

 とはいえ、その破壊力は水爆10個分くらいあります。
 なんとしても阻止しましょう。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50187772

この記事へのトラックバック一覧です: 国会延長せず3日閉会、郵政法案は継続審議に:

« フェミニズム用語を駆逐せよ | トップページ | 文藝春秋 『日本の論点2011』① »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30