無料ブログはココログ

« 道徳教育の重要性(渡部昇一・中川八洋) | トップページ | 相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針 »

2010年12月12日 (日)

フェミニズムアニメ 今日のプリキュア

 今日の出てきた女の子は、両親が駆け落ちしたようである。そして、子供が出来た。さらに、二番目の子供が生まれたことを契機に、お互いの親からやっと結婚を認められて、晴れて結婚式をした・・・

→子供向けのアニメで、わざわざ複雑な家庭環境を設定してあるところが、非常に底意地が悪い。

 こういのを、一般的に「どれあい夫婦」と呼ぶことを、子どもに教えるべきであろう。

 

 今日の悪役は、語尾が「~ぜよ。」と不自然な土佐弁である。風貌も、明らかに坂本竜馬が意識されている。

→男性的なものを、野蛮な悪として女の子たちに刷り込みたい意図がミエミエであった。

 あまりにも露骨な印象操作が盛り込まれていた。

 もともと、女の子が武力で闘うアニメである。出てくる女は、ファッションにしか興味がない。しとやかさ、夫や家族に尽くすといった、女性の美徳は、塵ほども感じさせない。

 製作者たちは、野蛮で下品で頭の悪い女を量産したいのであろう。

« 道徳教育の重要性(渡部昇一・中川八洋) | トップページ | 相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50280900

この記事へのトラックバック一覧です: フェミニズムアニメ 今日のプリキュア:

« 道徳教育の重要性(渡部昇一・中川八洋) | トップページ | 相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31