無料ブログはココログ

« 仙谷氏「専業主婦は病気」と問題発言か 本人は「記憶にない」と釈明 | トップページ | 「保守主義」雑考 「保守主義」と「保守」は、ぜんぜん違う。 »

2010年12月29日 (水)

一発ギャグかと思った・・・東国原氏、都知事選へ意欲強める

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010122700868

 都民を舐めてるんでしょうね。

 出版社を襲撃したり、淫行もやらかしたお笑い芸人が首都の知事になれば、日本は世界中から嘲笑される。

 以下のことを思い出してみよう。

 まあ、女性問題は、淫行などの違法でないならどうでもいいけど・・・。

○ 昭和61年(1986)12月9日、タケシ軍団の指揮官ビートたけしに率いられた12名で、講談社「フライディ」編集部を襲撃、暴行罪、暴力行為で逮捕

○ 平成2年(1990)3月、女優「かとう かずこ」と二度目の結婚。しかし1ケ月後にAV女優と不倫騒動を起こす。

○ 平成7年(1995)、同郷宮崎の19歳の看護師との浮気がばれ、テレビ番組内で土下座して「かとう かずこ」に謝罪する。

○ 平成10年(1998)年10月13日、東京都内のイメージクラブの店で16歳の少女と淫行したことが発覚、児童福祉法違反に問われたが逮捕は免れる。

http://www.geocities.co.jp/siliconvalley/1273/higasi0005.htm

○ 平成11年11月22日、オフィス北野の忘年会で、たけし軍団の後輩タレントの側頭部を蹴り、頭部打撲の傷害を与えて書類送検される。

○ 平成20年、ナンパした20代の女性を弄(もてあそ)び、挙句の果てが慰謝料を請求され150万円の手切れ金を支払った。

○ 知事就任後、女性記者を自宅に宿泊させたとして物議を醸したが、マスコミも大きく取り上げなかった。

 

 ところで、宮崎県知事選挙には、民主党は候補者を擁立しませんでした。

 口蹄疫で、あれだけ宮崎県民を愚弄した結果、7月の参院選でも民主党は大敗北しています。参議院沖縄、沖縄県知事選、に続き、今回の県知事選でも、民主党の得意技「政権与党なのに、勝ち目のない選挙には候補者を立てない」が、炸裂したのでした。

« 仙谷氏「専業主婦は病気」と問題発言か 本人は「記憶にない」と釈明 | トップページ | 「保守主義」雑考 「保守主義」と「保守」は、ぜんぜん違う。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「国民一人一人が賢くなる事によって、民主主義は有効に機能する」とは至言です。

宮崎県民の知的水準が高ければ、この様な不道徳を限界レベルまで極めた俗物を県知事にするわけがありません。

国家指導で「人民」の思考力等を上昇させようとしても失敗するだけでしょうから、

自ら賢くなろうとする自浄力に期待するしかないかも知れません。

錬金術師さま
 政治家としての実績ゼロ。行政職に就いた経験すらない。平成19年の宮崎県知事選挙で、この大俗物に一票を投じた愚かな有権者が、266,807人もいたというのが現実です。
 救い難い、衆愚政治の極致でしょう。

「裸の王様(教祖様?)」北野武の子分が、有ろう事か地方(痴呆?)自治体の長になる。この異常事態を当時の「保守」論壇は、誰も嘆かなかったし、批判しなかった。其れ所か、金美齢の如きは「ジャパニーズ・ドリーム」等と脳天気に持て囃した。これじゃあ、其の後の選挙で自民党が負け続けて、挙句に「政権交代」になる筈です。東国原や田中康夫等の様な徒輩を政治家に選出するデモクラシーを如何に制限するか。

ストライクイーグルさま
 都知事選に立候補するのに、そのまんま東は、ビートたけしの許しを得たそうですね。
 バカバカしいにもほどがあります。
 世間様に迷惑をかけないよう、弟子の愚行を止めるのが、「師匠」の役割でしょう。ところが、ビートたけしは、「筆頭後見人」になってしまいました。
 お笑い芸人の分をわきまえていません。ふざけ過ぎです。 
 

こんばんは、ストライクイーグルさん。

オルテガやホイジンガが批判した様な連中を選挙から閉め出すには、財産と教養のある市民だけに選挙権を与える制度に戻すしかないでしょう。

自分の選んだ政治家が日本社会の舵取りをすると言う自覚すら無いまま、そのまんま東に平然と投票する様な愚か者に選挙権がある事自体が異常です。

世襲貴族と勅撰議員(平民も可)から成り立つ貴族院の復活があれば、大衆の暴走を一層抑えられると思います。

錬金術師さま
 参議院→貴族院に戻すだけでも、日本の政治状況は大きく改善するでしょうね。
 これは、あくまでも「元の制度に戻す」だけですから、決して「改革」ではありません。政治制度を「保守」することになります。

お返事ありがとうございます。

貴族院復活を実現するためには、現行憲法の無効確認をする必要があります。

最も新しい無効説を唱えているのは南出喜久治氏と小山常実氏です。

彼等は無政府主義的な無効論を述べているわけではないので、目を通しておいて損は無いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50419535

この記事へのトラックバック一覧です: 一発ギャグかと思った・・・東国原氏、都知事選へ意欲強める:

» 民主党はあきまへんで!?民主党の実態を! [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 民主党だけは、あきまへんで!:民主党は絶対に駄目!民主党の実態を知って欲しい!民主党の不祥事を!!(警察も仰天中だ!)   4で明かした:「不倫騒動」 2006・10、細野豪志前衆院議員が山本...... [続きを読む]

» 民主党はあきまへんで!?民主党の実態を! [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 民主党だけは、あきまへんで!:民主党は絶対に駄目!民主党の実態を知って欲しい!民主党の不祥事を!!(警察も仰天中だ!)   4で明かした:「不倫騒動」 2006・10、細野豪志前衆院議員が山本...... [続きを読む]

« 仙谷氏「専業主婦は病気」と問題発言か 本人は「記憶にない」と釈明 | トップページ | 「保守主義」雑考 「保守主義」と「保守」は、ぜんぜん違う。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30