無料ブログはココログ

« 早稲田大学保守研究会 | トップページ | 国会議員の役割とは »

2010年12月25日 (土)

「保守主義」雑考 デカルト的理性設計主義の狂気

 高校の倫理教科書で、デカルトは、近代哲学の超重要人物として説明されている。

 

 デカルト的理性設計主義とは、人間の社会を、物理や数学のモデルのように考えるという、無謀きわまる思想である。

 人間の理性に、全幅の信頼を置くという思い上がりである。

 しかし、世の中はわからないことだらけである。

 ほんの数代前ともいえる、江戸時代について、あなたはどれだけのことを知っていますか?

 来月の株価、為替市場について、当てられますか?

 つぎの米国大統領は誰か?

 来年のアカデミー賞受賞作は何か?

 ポスト・ゲノムだどうだと言っても、人類は、大腸菌を作り方すら未だにわからない。

 地球外生命体はいるのか?

 囲碁は、先手必勝?後手必勝?

 

 この程度の「理性」というものを絶対視して、信じて疑わないとういことが、如何に狂っているか。

 その「理性」に基づいて、人為的に社会を強引に作ろうというのだから、これはもともと無理である。

 その直径の子孫は、ルソーやホッブスやベンサムである。そして、マルクスへと続く。計画経済である。

 もちろん、その結末は、ソ連、北朝鮮、ポルポトのカンボジア、フセインのイラクのようになる。

 いやいや、ケインズ経済学というのも、数学を使っているからもっともらしいが、あくまでも検証中の仮説という程度のものだ。乗数効果なんていうと、もっともらくし聞こえる。しかし、これがいかにいいかげんな学説かは、ケインズを信じて赤字国債でジャンジャン公共投資をしても、まったく経済発展につながらない、現状の日本経済が証明している。

 ケインズはデカルト直系であり、計画経済の一派なのだ。

 人間の理性を絶対的に重視し、一国の経済を計画的に設計できるという信仰に基づいているのである。

 人間の理性では、たいしたことは分からない。 

 ここを押さえないと、そこから派生する全てがオカシクなってしまうのである。

  

 

 

« 早稲田大学保守研究会 | トップページ | 国会議員の役割とは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

デカルトの様な狂人を絶賛する一方、彼に対する批判を展開した賢者達の存在を少しも学校で教えないのは異常としか言い様がありません。

ジャン・バティスタ・ヴィーコ

エドマンド・バーク

フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク

……等のまともな哲学者達の名前を知ったのは大学三年生の時でした。

こんばんは。

デカルトの様な狂人を絶賛する一方、彼に対する批判を展開した賢者達の存在を少しも学校で教えないのは異常としか言い様がありません。

ジャン・バティスタ・ヴィーコ

エドマンド・バーク

フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク

……等のまともな哲学者達の名前を知ったのは、自分ですら大学三年生の時でした。

錬金術師さま
ジャン・バティスタ・ヴィーコ
エドマンド・バーク
フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク
→高校の倫理では、一文字も出てこない名前ですね。
 また、
 アレクザンダー・ハミルトン
 オルテガ
 ポパー 
 ホイジンガ
 トックビル
 デビット・ヒューム
 アクトン

 なども、無視されています。

 しかし、
 サルトル 
 トルストイ
 ロマン・ロラン
 などの極左作家たちは、哲学者ですらないのに、なぜか重要人物としてできてきます。

中川八洋氏が約15年前に出した「正統の哲学 異端の思想」、この本こそ、デカルトやルソー等が、如何にトンデモないかを知らしめた上で大きな功績です。何せ、あの大森某を「大反省」させた位ですから。そう言えば、新聞・雑誌・テレビ等では、作家・小説家・漫画家の作品を「○○を予見(予言)していた!」という様な表現が有ったりしますが、これも「理性万能」というのですか。デカルトやルソー等を拝む徒輩とは、デカルトやルソーやマルクス等にノストラダムスを見出す「オカルトな」連中ですね。

「正統の哲学 異端の思想」は、ほんとうに衝撃的でした。50年後にも読まれる哲学書でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50390043

この記事へのトラックバック一覧です: 「保守主義」雑考 デカルト的理性設計主義の狂気:

« 早稲田大学保守研究会 | トップページ | 国会議員の役割とは »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30