無料ブログはココログ

« 「保守主義」雑考 デカルト的理性設計主義の狂気 | トップページ | 仙谷官房長官、小泉元首相の靖国参拝を「時代錯誤」と批判 »

2010年12月26日 (日)

国会議員の役割とは

 平時にあっては、政治を運営するのが政治家である。

 しかし、国家が危急に瀕したときは、身を呈して闘わないなら、その存在意義は皆無となる。

  小泉政権下で、超過激な内容の皇室典範の改正が強行採決されようとした。

 

  • 女性天皇及び女系天皇を認める。
  • 皇位継承順位は、男女を問わず第1子を優先とする。
  • 女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とする(女性宮家の設立を認める)。
  • 女性天皇の配偶者の敬称は、「陛下」などとする。

まさに、共産革命である。

 有識者会議のメンバーは、ほぼ全てが極度の共産主義者であった。

 座長の吉川弘之(東大総長)の「われわれの世代が歴史をつくるという立場で検討したい」という、不敬を極めた発言は、まさしくデカルト的理性設計主義の思い上がりである。

 

 そして、当時の小泉純一郎総理大臣は、権勢の絶頂にあった。自民党内でも党議拘束をかけようとさえしていた。

 そして、公明党、民主党、社民党、共産党は、この皇室典範には、もとより大賛成である。

  この国体の危機に、国会議員で先頭に立って阻止するべく立ち上がったのは、無所属の平沼赳夫氏であった。

 ここで、小泉純一郎総理に叛旗を翻せば、自民党への復党は絶望的になるのは明らかであった。

 しかし、平沼赳夫氏は、孤軍に近い状況で立ち上がったのだった。

 

http://www.hiranuma.org/new/note/note20051122_2.html

 この事実は、憲政史上に永遠に記録されることだろう。

 いつの日か、多くの日本人が、平沼氏の闘いを高く評価するだろう。

 

 これだけ内外のスキャンダルが噴出しても、ダンマリを決め込む、いまの民主党のヒラ議員たちと、大違いである。 

 どんなに迫害されようが、国体を救うために身命を賭ける。

 これこそ議員冥利に尽きるというものではないか。

 

 このような国会議員が、何割かいなければ、国家は維持できないと思う。

 

« 「保守主義」雑考 デカルト的理性設計主義の狂気 | トップページ | 仙谷官房長官、小泉元首相の靖国参拝を「時代錯誤」と批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

例えば「亀井静香」が、生粋の「政治屋ゴロ」であることは周知の事実ですが、外国人参政権の成立を「たった一人で阻止した」事実は大きいと思います。

そして、皇室典範問題における平沼氏の孤高の主張を、評価し過ぎるという事はないでしょう。

貴方の主張に全く賛成です。

ですが、我々も「国体の危機」をたった一人でも救わんとする政治家を永田町に送り込める様に、見識を養っておく肝要であるとも思います。

政治家を単純に無能と罵るのは点に唾する様なものです。

すいません、誤字脱字の確認をしていませんでした。

肝要で→必要が

点に→天に

真正保守さま
 亀井静香が、外国人参政権と夫婦別姓を阻止したのは事実ですね。これには、小生も公平の評価したいです。勲一等に値する働きでしょう。

錬金術師さま
 戦前なら、「ハラキリ問答」の浜田国松、東条秀樹に立ち向かった斎藤隆夫など、根性が据わった代議士が結構いました。戦後はさっぱりです。
 
 皇室典範問題における平沼氏の事績については、学校教科書(公民、社会科など)に載せるべきだと思います。
 

 盟友ブログ「保守イチロー」 殿

 私は思うのですが、日本国の代議士は、バークの時代つまり、旧ホイッグ党の教義である次の有名な『カトーの書簡』を一度でも読んだことがあるのでしょうか。

 「代議士が、(彼に)権限を委譲した人々(=国民)の利益のために行動することによって、(結果としての)自らの利益のために行動するとき、

自らとその子孫も服従しなければなたない法を除いて、いかなる法も制定しないとき、(代議士が国家に)支払わねばならない金銭以外いかなる金銭も(国民に)与えない(=ばらまかない)時、

同国人(=国民)と同様に(代議士)自身の身に降りかからなければならない迷惑以外いかなる迷惑もかけないとき、

有権者たちは、立派な法、大きな倹約、そして迷惑からの解放を期待できるかもしれない」


民主党の暗愚な代議士に求めても無駄でしょうね。

ある一人のエドマンド・バーク保守主義者 さま
 
 極左であっても、向坂逸郎のように、蔵書を持って熱心に勉強しているなら、その信念にはそれなりの敬意を表します。
 しかし、あの民主党の国会議員たちが、マトモに読書なんてしているとは、ちょっと思えませんね。中堅以下は、「東京ウォーカー」「週刊モーニング」「おとなの週末」あたりを読んでいるイメージがあります。
 

 >戦前なら、「ハラキリ問答」の浜田国松、東条秀樹に立ち向かった斎藤隆夫など、根性が据わった代議士が結構いました。

 自分が一押しする戦前の政治家は幣原喜重郎男爵です。

 対米英戦争をひたすら煽るおバカ達が多数いる中で、売国奴と罵られても「米英との協調」と「シナへの不干渉」という正しい国家戦略を見据え、それを果敢に実行したのは本当に素晴らしいです。

 日英同盟の破棄という失敗が惜しまれますが、それを差し引いても大した政治家だと思います。

 

錬金術師さま
 なるほど。
 岡崎久彦「幣原喜重郎とその時代」を、読み返してみようかなと思いました。

国会議員の有るべき理想

①米英系保守主義に精通

②歴史・地政学・軍事(治安・諜報も含む)に精通

③左翼・極左(民族派も含む)の人物・団体と其の生態に詳しい

先ずは、これです。日の丸チャーチル、日の丸サッチャー、日の丸レーガンが、何時か登場してくれる事を。

ストライクイーグルさま

 サッチャー「回顧録」の上・下巻を読み直しておりました。
 やはり、「徹底した反共」こそが、いまの日本に必要だと確信した次第です。

日本共産党が、資金源を磐石にして、白昼堂々とのさばっているような状況は、全くの異常ですし、況してやそれなりの勢力を維持(先だっての西日本市議会選でもそうでしたが)しているようでは、幾らなんでも「容共が過ぎる」というものでしょう。

これは「保守哲学」以前の問題です。

真正保守さま

 日本では、「左翼でない」人々でも、明確な反共とうのはあまりにも少ないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50393898

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員の役割とは:

» 平沼赳夫氏の勇気ある態度、確固たる哲学は、十分支持に値する。 [真正保守政党を設立する]
平沼氏の判断がカギ 「たちあがれ日本」連立入り 2010.12.25 20:24 産経ニュース 民主党から連立政権参加を打診されていたことが明らかになったたちあがれ日本は27日に議員総会を開 ... [続きを読む]

« 「保守主義」雑考 デカルト的理性設計主義の狂気 | トップページ | 仙谷官房長官、小泉元首相の靖国参拝を「時代錯誤」と批判 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30