無料ブログはココログ

« アニメ たまごっち! | トップページ | SAPIO (2010/12/22・2011/01/06日号) 大前研一『人間力の時代』 »

2010年12月16日 (木)

財源なき、なりふり構わぬバラマキ

失業手当アップ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000140-jij-pol

物価は下がったのに、年金は減額しない。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101215/plt1012151647008-n1.htm

子ども手当の増額

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101213dde001010026000c.html

総額が膨らむ「元気な日本復活特別枠」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000046-mai-pol

 政権の延命を目論み、あからさまにカネで票を買おうとしてる。国政の私物化である。

 まさか、内閣支持率回復に、事業仕分けというショーの第四弾に期待するわけにもいくまい。 

 しかし、このくらいの小銭で釣られる有権者も、さすがにそうたくさんはいないだろう。

 それでも、総額にすれば、途方もないペースで湯水の如くカネを蕩尽することになる。

 後には超巨額な赤字国債が、さらに増えているだけだ。

 亡国したくないならば、一日も早く、民主党を下野させることであろう。

 のらりくらりと、解散総選挙を先延ばしにしようとするのを、許してはいけない。

 少しでもバラマキの甘言で票を欲しがる政治家を、一人でも多く落選させるしかない。

  

« アニメ たまごっち! | トップページ | SAPIO (2010/12/22・2011/01/06日号) 大前研一『人間力の時代』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

散々「デフレ」を騒いでおきながら、公的援助は増額されるというこの決定的な矛盾。

「デフレ」ならば、公務員給与・年金・生活保護等々は当然「減額」されて然るべきです。

真正保守さま
 公務員改革と言いながら、官公労を支持母体にしてるのが民主党ですから、はじめから矛盾していますね。
 あまりにも不況が酷くなり、企業が外国との競争に負け、工場が海外に移転し、大リストラを目の当たりにすれば、さすがに民間労組は民主党を見限るかもしれません。
 しかし、官公労は、最後まで民主党を支援を続けるでしょう。

もう無茶苦茶ですね・・・企業活動が国家の土台であり、人材がそれを支える支柱、公務員は何も生まない。

自分達だけはノウノウと生きて行こう、税制改革の中身も酷いものです。こんなものは子供手当・高速無料化でカバー出来る。

シコウさま
 とにかく、ばら撒いてから税源を探すのだから、国内はいくらでも混乱しますよね。この連中には、町内会の会計係もつとまりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50319060

この記事へのトラックバック一覧です: 財源なき、なりふり構わぬバラマキ:

« アニメ たまごっち! | トップページ | SAPIO (2010/12/22・2011/01/06日号) 大前研一『人間力の時代』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31