無料ブログはココログ

« 話題の書 田母神俊雄『田母神国軍 たったこれだけで日本は普通の国になる』 | トップページ | 神奈川県と鳥取県の参議院選挙の1票の格差は5倍 »

2010年11月19日 (金)

政権末期-御用評論家も距離を置き始めた

ここらで、『「民主党不況」を生き抜く経済学』の著者の、過去の言論を見直しておこう。

http://www.magazine9.jp/morinaga/dai025/dai025.php

素直に振り返ってみれば、ベトナム戦争にしろ、アフガニスタンの戦争にしろ、そしてイラク戦争にしろ、すべてアメリカが仕掛けた戦争だ。また、世界で唯一核兵器を戦争に使用した国もアメリカなのだ。世界で最も凶暴で喧嘩っ早い国はアメリカなのだ。

http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=111775&ct=1

しかし、私は民主党の政策を実施する財源確保は不可能ではないと考えている。例えば、昨年度の特別会計の決算で、剰余金が当初予算を15兆円も上回った。まだまだ、国会の監視の行き届かないところに巨額の資金が眠っているのだ。天下りを禁止し、特別会計を含めて あらゆる予算を精査して無駄を省けば、18兆円くらいの予算をひねり出すことは不可能ではないだろう。

 なるほどねー( ´艸`)プププ

« 話題の書 田母神俊雄『田母神国軍 たったこれだけで日本は普通の国になる』 | トップページ | 神奈川県と鳥取県の参議院選挙の1票の格差は5倍 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

其の森永の著作にある「民主党不況」は、ひょっとして中川八洋氏の著作のパクリでは。森永の「アキバ漬け脳ミソ」では、中川氏の著作を読破するのは、先ず無理ですけど。序でに4年前に岩波から出た「憲法を変えてナントカ~」に森永が入ってます。

鳳山の6時さま

>>其の森永の著作にある「民主党不況」は、ひょっとして中川八洋氏の著作のパクリでは。

 なるほど、わざとそういうタイトルにしたのでしょうか。
 まさかとは思いますが、中川八洋を、森永卓郎と同じレベルのウルトラ低レベルのDQN学者だと思わせようとするプロパガンダだったりして・・・

 蛇足ですが、小生は中川八洋の著作はすべて持っており、その内容にも精通していると自負しております。

森永?只の「お宅」・・・キチガイに近いのではないのでしょうか?昔なら「松沢行き」。
「中川八洋」が彼の頭の中には有るとは思えませんが・・・「300万」で生きる、「民主党」で生きる、時の流れで生きてるだけでしょう。

シコウさま

 森永といえば、「非婚のすすめ」でしょう。
 また、人生の不良債権「マイホーム、専業主婦、子供」というのもありましたね。
 これを教授として採用した獨協大学の見識を、ほんとうに疑ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50073787

この記事へのトラックバック一覧です: 政権末期-御用評論家も距離を置き始めた:

« 話題の書 田母神俊雄『田母神国軍 たったこれだけで日本は普通の国になる』 | トップページ | 神奈川県と鳥取県の参議院選挙の1票の格差は5倍 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30