無料ブログはココログ

« 給与所得控除の上限検討 2000万円超を軸に課税強化 | トップページ | 断末魔のバラマキ <子ども手当>3歳未満に月2万円 政府が増額検討 »

2010年11月 3日 (水)

良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」

 日本で売られている育児書は、ほとんどが極左の学者によって書かれたものである。

 実態としては、学者というより、大学教授とかいう肩書を持っているだけの社会活動家(フェミニスト)だ。

 その特徴として、

 小さいうちから保育園に預けることを奨励する。または、子どもへの悪影響について否定する。

 お母さんは、子どもを育てるだけの存在ではなく、自分の時間を確保するようにすすめる。

 男の子だからとか、女の子らしくなどという育て方をしてはいけない。

 親は子供に勉強を教えてはいけない

 

 などが書かれている。社会主義者であった、ジョン・デューイの教育論そのままの「スポック博士の育児書」を、現代風に書きなおした内容とも言える。

 

 汐見稔幸(東京大学名誉教授・白梅学園大学学長)

 大日向雅美(恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科教授)

 

 あたりが、代表的な理論的支柱であろうか。

 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」は、大ベテランの小児科医が書いた、極めてまっとうな育児書である。幼児期の保育園が、子どもにとって如何に有害か。豊富な小児科の臨床経験に基づく視座は、社会活動家には決して持てないのは明らかである。

 小林登(東京大学小児科名誉教授、日本赤ちゃん学会理事長)の著書も、いま読んで極めてまともであり、日本の伝統的育児法を擁護する立場で書かれている。

 臨床経験のある小児科医にとっては、ごく当たり前の問題点を、警世の気持ちを込めて著書にされているのだろう。

 同様の本が、もっともっと出版され、売れなくてはならない。

 しかし、田下氏も小林氏も、すでにご高齢である。

 50代以下くらいで、狂気のフェミニズム育児に立ち向かう論陣を張れる、勇気ある小児科医が出てきて欲しいと願っている。

 

 

 

 

 

« 給与所得控除の上限検討 2000万円超を軸に課税強化 | トップページ | 断末魔のバラマキ <子ども手当>3歳未満に月2万円 政府が増額検討 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最高純度の害毒を撒き散らしているルソーの「エミール」ですが、これが現実に本屋の「教育学」のコーナーに、堂々と今尚「鎮座」し、教育を志す者の「基礎本」「座右の書」として推奨されているという事実は、これだけで「教育の崩壊」を指摘するのに十分な程です。
例えば、とあるHPの実に愚かでありながら、実にスタンダードな「エミール評」を以下に紹介しておきます。

教育の話をするのなら、先ず『エミール』でしょう。と言う訳で、近代教育学の祖、ルソーの『エミール』の紹介です。こういう古典的名作は、あちこちの出版社からいろいろんな形で出版されているんでしょうが、一応私が読んだものと言う事で、岩波文庫版を紹介します。

 「消極教育」。これがルソーの教育論の根本理念です。と言っても、ルソー自体がこの言葉を使っている訳ではありません。ルソーの思想を理解しようとする後の研究者が、ルソーの教育理念をこのような言葉で表現した訳です。

 『万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。』(上巻P23)こういう書き出しでこの本は始まります。よく、教育や躾について話す時、性善説とか、性悪説とか言うんですが、ルソーは性善説です。彼は性善説の教育論の創始者と言って良いと思います。

ルソー信者たちには、とりあえず、
「絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想 」Dave Robinson (原著), Oscar Zarate (原著), 渡部 昇一 (翻訳)
 あたりでも、まずは読んでもらいたいですね。

>「絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想 」

日本のマンガレベルからすると、
お話にならないくらいのレベルのマンガです。

内容はいいのですが、表現が全くダメ。

ちゃんと日本クオリティのもので作り直さないと
誰も読みません。
逆にそのレベルのものができれば、
広く広がるはずなのです。

動物は本を読みませんが、子孫を立派に残していますね。

うまやど様
シコウ様

>「絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想 」

 たしかに、マンガとしてみてしまえば、レベルは決して高くないですよね。説得力もイマイチか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49922704

この記事へのトラックバック一覧です: 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」:

« 給与所得控除の上限検討 2000万円超を軸に課税強化 | トップページ | 断末魔のバラマキ <子ども手当>3歳未満に月2万円 政府が増額検討 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30