無料ブログはココログ

« 沖縄県知事選がたいへんなことになっている。 | トップページ | 谷沢 永一 ・渡部 昇一『現代流行(はやり)本解体新書―ベストセラーの本当の読み方』 »

2010年11月25日 (木)

北朝鮮の暴発ー決意のとき

 韓国に砲撃したのは周知のとおり。

 次は日本かもしれないのである。等閑視できない。

 ご存知のように、北朝鮮はノドンという巡航ミサイルを持っている。これには、通常の爆弾でも、核でも、化学兵器でも搭載できる。

 いまの日本に、それに対処できる準備はまったくない。

 朝鮮学校の無償化凍結など、もともとが論外の話である。

 もはや、拉致被害者の救出と日本国の防衛のために、遅まきながらも日本は決断するべきときだろう。

 第一段階として、

 朝鮮総連を破防法適用団体に昇格。資産凍結。幹部たちの国外追放。朝鮮学級の閉鎖。

 国内にいる北朝鮮情報工作員たちの徹底した洗い出し。

 厳格な脱税摘発などの経済制裁。

 パチンコ、焼肉店、ラブホテルなどへの不買運動。

 

 平和的手段だけでも、やれることはたくさんある。

 また、北朝鮮を擁護する、変な大学教授や評論家などを、論壇から追放することも重要であろう。

そのような雑誌や新聞を購入しないこと。

そういう狂人どもに書かせている雑誌があれば、編集部に抗議すること。

そういう人でなしどもが出演してるテレビ番組があれば、スポンサーに抗議の電話をすること。不買運動をするといえば、震え上がる。

 また、忘れてはけないことがある。

 社民党は、拉致問題なんてデッチアゲだと、言い募ってきたのである。もちろん、旧社会党で民主党に逃亡した連中も同罪だ。このような人間には、公職に就く資格がないのは常識以前の問題であろう。

 北朝鮮に食糧援助なんてとんでもない。

 北朝鮮という超独裁国家を崩壊させてあげることが、真の人道である。

 

« 沖縄県知事選がたいへんなことになっている。 | トップページ | 谷沢 永一 ・渡部 昇一『現代流行(はやり)本解体新書―ベストセラーの本当の読み方』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本にも来る・・と言う意識が有りませんから後手後手に回ります。
何時も戦時は無理でしょうが「準備」もない、体制も取れない日本の現状は怖いですね。

解説者もいい加減な人ばかり、当市でも議員の安全保障教育に「防衛大学校長」を呼ぶのですから何を考えているのか判らない。

御安心下さい。北鮮は、勿論直接対峙している韓国にとっては別ですが、我国にとっては「おまけ」の仮想敵国です。我国に直接脅威なのは、「ノドン」(巡航ミサイルではありませんよ)「ムスダン」の両弾道ミサイルに約10万名規模の特殊部隊です。何と言っても北のロシアに西の中共です。我国と取り巻く軍事環境は30年前より明らかに悪化してるのに民主党政権は自衛隊を大増強せず、あろう事か陸自を削減しようとしてます。こんな民主党政権は一日も早く打倒あるのみです。所で前に紹介した4人の軍事評論家・ジャーナリストですが、清谷以外は極左ですので。石川は日共、神浦に福好は社民・中核です。

確かに外敵としての「南北朝鮮」は、我が国にとって取るに足らぬ国なのですが、如何せん何十万人という直ぐにでも「工作・破壊活動」に動ける朝鮮人を国内に抱えている点は、相当な「脅威」です。

況や連中と「暴力団・街宣右翼・カルト宗教」との密接な繋がりとオーバーラップ、そしてメガパチンコマネーを核とした「資金力」「組織力」を考えれば、我が国が朝鮮半島と事に至った場合に、「南北朝鮮人を問わず」に「一斉武装蜂起」や「テロ」を起こされることは必定であって、ここは看過出来ない点でしょう。
また当然この場合、日本国内の「原子力発電所」「主要公共施設」「主要ライフライン施設」を集中的に狙うでしょう。

シコウ さま
鳳山の6時さま
真正保守さま
 
 出張しておりまして、返事が遅れました。
 ノドンは巡航ミサイルではなく、弾道ミサイルでした。訂正します。(^-^;

 それにしても、独自防衛力の大強化、日米安保の強化、可能ならNATOへの加入こそが、日本に必要だと考えます。
 民主党の酷さは別格ですが、自民党の防衛政策というのもまったく見えてきませんね。
 自民党内で軍事通といわれている石破某の歴史観では、南京大虐殺肯定です。予算委員会で追及する相手が、菅総理や北川防衛大臣だから、相対的に石破がマシにみえてしまうのでしょう。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/50121110

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の暴発ー決意のとき:

« 沖縄県知事選がたいへんなことになっている。 | トップページ | 谷沢 永一 ・渡部 昇一『現代流行(はやり)本解体新書―ベストセラーの本当の読み方』 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31