無料ブログはココログ

« 有給休暇取得率を上げろという、極左イデオロギー | トップページ | 沖縄県知事選に注目せよ »

2010年11月 7日 (日)

不良を美化するドラマ

不良少女とよばれて(1984年)

スクール☆ウオーズ(1984年)

ヤヌスの鏡(1985年)

スケバン刑事(1985年)

ポニーテールはふり向かない(1985年)

プロゴルファー祈子(1987年)

明日に向かって走れ!(1989年)

ごくせん(2002、2005、2008年)

ヤンキー母校に変える(2003年)

ROOKIES(2008年)

 大人が視てもどうということはないかもしれない。

 しかし、売れっ子の若いアイドルが、主人公やライバル役であるから、なんか親しみやすい。

 そして、言葉遣いは滅茶苦茶、教師に反抗は当たり前、ぜんぜん勉強しない・・・

 子どもへの悪影響は計り知れない。

 こういうドラマのスポンサーについては、父母から不買運動が起きてよいだろう。

« 有給休暇取得率を上げろという、極左イデオロギー | トップページ | 沖縄県知事選に注目せよ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

不良が「普通」に成るのは「打算」なのです。初めから普通の子の方が偉いと思いますよ。

素行不良の劣等者や犯罪者に対して、「片親だから」だの「貧乏だったから」だのといった「真正サイコパスであるフロイト」流の意味不明・根拠皆無の理由付けや本人無謬論が、精神医学界や心理学界を中心に垂れ流され続け、今やそれが真理かのように跋扈しております。

マスコミや法曹界もこれに追従しておりますが、こんな説は、荒唐無稽・異常思想であって、妄想の類に過ぎないことは、「そういった環境下でも、殆んどの多くの人々が、普通に生活を送っている」ことから自明です。

素行不良や礼節を欠く劣等者は、「社会から白い目で見られて軽蔑される」という当然の処遇下で矯正されなければなりません。

 シコウさま
 真性保守さま
 
 超亀レスですみませんでした。
 ただいま、自宅のパソコンが壊れております。
 漫画喫茶を利用しますが、しばらくは、更新が滞りそうです。
 その分、読書の時間を増やして、知識をインプットしようと思います。
 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49951715

この記事へのトラックバック一覧です: 不良を美化するドラマ:

« 有給休暇取得率を上げろという、極左イデオロギー | トップページ | 沖縄県知事選に注目せよ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31