無料ブログはココログ

« 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 | トップページ | M字型就労の凹みをなくそうとするフェミニストたち »

2010年11月 3日 (水)

断末魔のバラマキ <子ども手当>3歳未満に月2万円 政府が増額検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101103-00000005-mai-soci

 そんな余計な金は、もうどこにもない。

 その財源捻出のために、年収一千万円以上の世帯で、配偶者控除を全廃するという。

 ついでに、専業主婦潰しもやってしまおうという、フェミニズム法案である。

 もともと、子どもを育てるのは、経済的な面を含めて、100%両親の責任である。

 子ども手当という制度自体が、「少なくとも経済的には国家が子どもを育てる」という、マルクス主義の思想に基づいている。親子の離断が目的なのだ。

 すなわち、主体思想・ヒットラー・ユーゲントなどと、子ども手当とは同工異曲である。

 民主党の法案とは、すべてがマルクス主義に基づいている。こんな政権が続けば、いくら支持率が低かろうと、日本は社会主義政策に埋もれてしまう。

 民主党ーみんなの党ー公明党ー社民党ラインによって、選択的夫婦別姓や外国人参政権などの超売国法案が、一瞬の隙に可決されてしまう可能性がある。

 自民党内にもフェミニスト議員が少なからずいるが、それを放逐するのは後回しであろう。とにかく、一日も早く、民主党政権を倒さなければならない。

  

« 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 | トップページ | M字型就労の凹みをなくそうとするフェミニストたち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

人の金で「自分」の議席を保ちたい。子供は親が働いて育てるもの・・・親が元気で働く道を確保するのが政治の役目、政・官・財バラバラにして民主党だけで何が出来る。

シコウ様

 民主党は、副大臣二人、政務官三人を、各省庁で事務次官の上位に据えています。
 これは、党による行政組織の乗っ取りにほかなりません。三権分立の無視です。
 しかも、先の参議員選挙で落選した長谷川某は、総務省政務官のポストに居座っています。落選議員の失業対策にもなっているという、デタラメな状態です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49924382

この記事へのトラックバック一覧です: 断末魔のバラマキ <子ども手当>3歳未満に月2万円 政府が増額検討:

« 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 | トップページ | M字型就労の凹みをなくそうとするフェミニストたち »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31