無料ブログはココログ

« 事業仕分け第三弾終了 | トップページ | 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 »

2010年11月 3日 (水)

給与所得控除の上限検討 2000万円超を軸に課税強化

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000016-fsi-bus_all

 じつに分かりやすい、そのまんまの社会主義政策である。

 年収1500~2000万円程度の人は、苦労してまでこれ以上稼ごうと思わなくなるだろう。

 そして、いずれは年収1000万程度(大企業の中堅幹部)以上にも、苛烈な累進課税をかけてくるのは、目に見えている。

 さらには、介護保険などの社会保険料も増額しようとしているので、可処分所得はグンと減る。

 つまり、消費をしたくても出来なくなる。

 これで景気がよくなるわけがない。

 結果として、税収ももっと減る。

 キューバ、ニカラグア、北朝鮮などを別にして、いまどき社会主義政策が次から次へと提出される国なんて、ほかにあるのだろうか?

 

« 事業仕分け第三弾終了 | トップページ | 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

景気後退の後押し、社会主義を理想とする人達の考える事?考えても居ない?何をして良いのかも判らない?税金を取り、金が集まり、ばら撒いて「景気」が上向くとでも考えてるんでしょうか?
子供・農家・高校・道路・外国人だけで、有に11兆は出て行きますよ。

シコウ様

 民主党政権は、日本の財政破綻を意図しているとしか思えません。
 あきらかに、わざとでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49922325

この記事へのトラックバック一覧です: 給与所得控除の上限検討 2000万円超を軸に課税強化:

« 事業仕分け第三弾終了 | トップページ | 良書紹介 田下昌明「まっとうな日本人の育て方」 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31