無料ブログはココログ

« 自主憲法を制定せよというが・・・ | トップページ | 日米離間を扇動する本 »

2010年10月13日 (水)

日本に対する、中国のイメージ戦略

 パンダ(ランランとカンカン)

 NHK特集『シルクロード』

 アグネス・チャン(陳美齢)→チベットやウイグルに全く無関心な人権活動家モドキ

 ジャッキー・チェン(成龍)→一つの中国論者

 大前研一『チャイナ・インパクト』『中国シフト』『中華連邦』

 女子十二学坊

 などなどが、中国に対する幻想を、戦略的に日本に醸成してきた。ほんとうなら、文化大革命、せめて天安門事件で、いいかげんに中国共産党の本性に気がつくべきであっただろう。

 遅きに失したが、まだ間に合う。もう、騙されてはいけない。

 チベットやウイグルの人権問題について、日本が先頭に立って、国際社会に中国共産党を弾劾するときである。

 日米安保の強化と日本の防衛費大増額はもとより、台湾と日本が連携して、中国共産党の圧力を跳ね返すときがきた。

 まずは、中国共産党に屈服する民主党を、一日も早く政権から降ろすことが短期的な目標であろう。

 

 

« 自主憲法を制定せよというが・・・ | トップページ | 日米離間を扇動する本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

番組表を見るとNHKも必死・電通も必死でしょう。
昨日の日本・韓国戦では、韓国の汚さ、「アン」と「イ」愛国者?の大きな印刷旗を競技場に持ち込んでいましたが、日本マスコミも隠しきれないようでしたね。

こんな時チャイナが手を差し伸べてきたときには「無視」、聞こえないふりをするのが、喧嘩の第一歩なのですが・・・北沢防衛大臣がアメリカで言ったこと、仙石否定・空き缶否定では処置なし。

シコウ様
 NHKと電通は、巨大な親韓親中の反日メディアですね。
 気が付いていない日本人が、あまりにも多すぎます。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49726505

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に対する、中国のイメージ戦略:

« 自主憲法を制定せよというが・・・ | トップページ | 日米離間を扇動する本 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31