無料ブログはココログ

« 海上保安庁のビデオテープ | トップページ | 領土は世襲の財産である。 »

2010年9月29日 (水)

仙石由人を落選させる必要がある。

 中国人船長を、政治判断で電撃的に釈放した張本人が、仙石由人官房長官なのは明らかとなった。

 民主党の西岡参院議長が、「政府首脳に何の連絡もなく釈放するはずがない。(釈放は)仙谷官房長官が判断したと思わざるを得ない」と述べているのだから、間違いない。

 法務大臣が指揮権発動をしたわけではない。

 闇の政治判断で、那覇地検に釈放させてしまった。

 しかも、那覇地検のせいにしようとする卑劣さ。

 那覇地検の検事たちを、国会に召喚して、ことのいきさつを全て明らかにしてもらうしかない。

 仙石由人は、官房長官辞任だけではなく、衆院議院を辞職しなくてはならないだろう。もちろん、菅直人総理大臣の任命責任も問われる。

 もしも、仙石由人が引退しないのであれば、つぎの総選挙で、徳島1区の有権者は、日本中から良識を問われることになる。

« 海上保安庁のビデオテープ | トップページ | 領土は世襲の財産である。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49590889

この記事へのトラックバック一覧です: 仙石由人を落選させる必要がある。:

« 海上保安庁のビデオテープ | トップページ | 領土は世襲の財産である。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30