無料ブログはココログ

« 二大政党制というペテン | トップページ | 民主党代表選は小沢一郎が優位らしいね。 »

2010年9月 3日 (金)

民主党代表選は、公職選挙法に縛られない

 ぺーぺーの議員も、閣僚や党幹部を歴任した議員も、投票になれば同じ一票である。 

 ということは、大票田は、当選一回の衆議院議員たちということになるだろう。

 また、公職選挙法とは無関係なのだから、買収、恫喝など、なんでもありということだ。

 実際に、空前の泥沼選挙になるだろう。

 私としては、左翼マスコミに同調するわけではないが、菅直人に勝ってもらったほうが日本のためなのではないかと思う。

 田中派の経済成長をアテにしてバラマキで票を集めるという政治手法は、平成の日本では全く無理である。

 まずは、小沢一郎という存在とともに、旧田中派の政治手法をまずは永久に葬ってもらいたい。

 政策論争ではなく、頭数とカネで政治を牛耳る手法とも、さすがに決別しなくてはならないだろう。

 もちろん、菅直人という極左の売国奴政治家(というよりもイベント政治屋)を、これまでわずかもプラスに評価をしたことはないし、これからもかわらない。先人の労苦を愚弄する菅談話などというものを抜き打ちに発表した非国民を、私は決して許さない。

 しかし、菅直人が倒れても、おなじような政治思想の政治家(たとえば仙石、前原など)がまたのし上がってくる可能性が高い。しかし、小沢一郎のような超異端の政治家は、もう現れることはないと思う。それだけに、いまこそ息の根を止めるべきだ。

« 二大政党制というペテン | トップページ | 民主党代表選は小沢一郎が優位らしいね。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49328109

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選は、公職選挙法に縛られない:

« 二大政党制というペテン | トップページ | 民主党代表選は小沢一郎が優位らしいね。 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31