無料ブログはココログ

« 小沢一郎にカウンターパンチが入っている | トップページ | 有権者ならば、政治について最低限の教養を持ってくれ! »

2010年9月14日 (火)

外国人党員・サポーター票が総理大臣を決めた。

 菅直人が大差で勝ったというが、議員票はほとんど同数だ。

 なんといっても、党員・サポーター票が大差であった。架空の党員・サポーターがたくさんいることはまちがいない。さらに、日本国籍を持たない党員・サポーターがどれだけいるのか、民主党もワカラナイそうだ。

 こうして、デュープロセスを蹂躙したデタラメ選挙で、総理大臣が決まってしまった。憲政史上、決してあってはならない特大級のスキャンダルである。

 今日のクローズアップ現代は、代表選を特集していたが、この大問題についてなにも指摘していなかった。

 また、一年生議員たちがどちらに投票するかの葛藤を報じていた。しかし、財政規律がどうこうとか、地元の支持者たちがどう言っているとか、その程度の判断基準しかないのには呆れかえった。ほんとうに、国会議員のレベルが低すぎる。

 国防、外交、憲法、教育、行政などについて、国会議員なら国家百年の計を考えろといいたい。とりあえず、尖閣諸島に中国がチョッカイを出してきているのを、どうするべきなのかは喫緊の課題といえる。

 それがいやなら、県会議員までにしておくべきだ。

 さらに、今回の代表選で、国会議員は全員が菅か小沢に投票したのである。棄権するとか、選挙そのものを批判した者は一人としていないのだ。わかっていても、勇気がないのかもしれない。しかし、勇気がないなら、政治家になどなるべきではない。

 民主党にもマシな保守系議員がいるのは、このことひとつとってみても謬説なのがよくわかる。

« 小沢一郎にカウンターパンチが入っている | トップページ | 有権者ならば、政治について最低限の教養を持ってくれ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49448216

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人党員・サポーター票が総理大臣を決めた。:

« 小沢一郎にカウンターパンチが入っている | トップページ | 有権者ならば、政治について最低限の教養を持ってくれ! »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31