無料ブログはココログ

« 領土と国民の生命・財産を守るのが政治である。 | トップページ | たばこ値上げの狙いはJTの国有化 »

2010年9月25日 (土)

国辱 中国人船長の釈放

 また、那覇地検は、日中関係を考慮した末の結論という。 

 そして、仙石由人官房長官は、那覇地検の判断を追認した。

 つまり、批判していないのである。

 以上を考えれば、仙石官房長官が黒幕であるのは明らかではないか。語るに落ちたというべきだろう。

 アーミテージ前・国務副長官やヒラリー・クリントン国務長官の助け舟を、御破算にした。

 中国共産党への屈服のみならず、米国との関係をぶち壊そうとする意図は明らかである。

 先月の菅談話も、驚くべき反日自虐外交であった。

 しかし、今回の船長釈放は、仙石由人の反日性が日本史史上に特筆されるべきレベルであることが判明した。

 検察官の暴走について、テレビは執拗に報道しているが、尖閣問題にはあまり触れない。昔の地図など、尖閣諸島が日本固有の領土であるという証拠は数多あるが、テレビででは、一つも提示されていないといって過言ではない。また、漁船が体当たりしてきたときのビデオを、政府に公表せよとも言わない。

 検察がフロッピーディスクを改竄したのは、もちろん大問題だ。しかし、あくまでも国内の事件であり、真相解明を粛々と進めればよいだけだ。

 尖閣問題は、すでに東アジア全体の安全保障に関わる国際問題であり、国防に直結する。中国共産党のこんな無法がまかり通れば、世界の秩序も国際法も蹂躙されてしまう。日本の対応が、日本の国際的信用を決定してしまう。これに比べれば、検察官の暴走などは芥子粒のようなものだ。

 毎月、なにかしらの驚倒すべき反日政治行為が行われている。こんな政権が数年も続けば、日本は本当に亡びる。一日も早く打倒しなくてはならない。

 

« 領土と国民の生命・財産を守るのが政治である。 | トップページ | たばこ値上げの狙いはJTの国有化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治主導と言いながら、三権分立の近代国家に有って司法が「日中関係を感がみ・・」政治的な分野に対しての、超権発言に追随する官房長官?訳が判りませんね。
一日も早く「前原外相」が公言したビデオの公開を野党は求め、沖縄地検の検事を国会喚問すべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551224/49557380

この記事へのトラックバック一覧です: 国辱 中国人船長の釈放:

« 領土と国民の生命・財産を守るのが政治である。 | トップページ | たばこ値上げの狙いはJTの国有化 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31